top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

もしかして、寒さをしのいでる? 大分駅のホームに現れた「待合室を占拠するバケモン」の正体とは

Jタウンネット

JR大分駅ホームで「待合室をバケモンが占領している」――SNS上がそんな噂で騒然となっているらしい。下の写真がそのバケモンだ。

ガラスに覆われた部屋の中で、頭にトゲのような毛を逆立て、ギョロリと赤い目を光らせている。なんともおぞましいバケモンだ。こんなやつがいる空間に足を踏み入れるには結構な勇気が必要かもしれない。

このバケモンの写真は2022年1月5日、ツイッターに投稿され、84000件を超える「いいね」が付けられ、拡散(1月11日現在)。

ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「明らかに序盤で勝てる強さじゃない序盤のボス感」
「RPGでよくある、倒した後にトドメをさすか助けるかでルートが変化する系のボスかな」
「どうした大分駅」
「コロナ対策ですね」

いったいこれは何?  Jタウンネット記者はまず、投稿者「ティッシュ」(@SPEED_isPOWER)さんに取材した。

日常にアートが入り込んでくる

広告の後にも続きます

投稿者「ティッシュ」さんによると、ツイッターの写真を撮影したのは、1月5日。大分駅のホームの端の方だったという。

「後から知ったのですが、これは待合室ではなく閉鎖された喫煙ルームだったようです。
その日は寒かったので、待合室のようなものが見えたときに入ろうと思って近付いたら、展示がある事に気付きました。こんなに寒いんだから人間に入らせて欲しいなとも思いましたが、彼(?)が寒さを凌いでいるようにも見えて微笑ましく、良い展示だと思いました。意図せずとも日常にアートが入り込んでくれるのは嬉しい事です」(「ティッシュ」さん)

ツイッターでの反響については、「ゲームのラスボスやトラップとして出てきそうだという声が多かったです。私はゲームをしないので言われて初めて気付きましたが、そう考えると尚楽しい展示だと思いました。子供も見て楽しめそうですね」とコメントした。

次にJタウンネット記者は、この展示を企画した大分県立美術館に取材した。

南蛮船からキメラが運ばれてくる

Jタウンネット記者の取材に応じたのは、大分県立美術館の学芸員だった。

「2021年秋、JR大分駅の駅長さんから、駅の喫煙スペースを使わなくなったので、何か活用できないか、という相談がありました。そこで県立美術館のイメージアップと、大分県にゆかりのあるアーティストの発信の場として、企画しました」(大分県立美術館学芸員)

そこでトップバッターとして、2021年12月4日からJR大分駅3・4番線ホームに登場したのが、「キメラブネ」。絵本作家/美術家「ザ・キャビンカンパニー」の作品だ。彼らはこの作品のコンセプトについて、こう説明している。

『新しいものを生み出す』ということは、
時代を超え、国を超え、蓄積され、混ざり合い、
咀嚼された何かが、新たな形となって表出されることだと思う。
それは、中世大分の南蛮文化の伝来に似ている。
本作品『キメラブネ』は、元喫煙所スペースを南蛮船に見立て、
南蛮文化により、もたらされた動物『虎』『象』『孔雀』を
混ぜ合わせたキメラが運ばれてくる様子を表現している。
(ザ・キャビンカンパニー《キメラブネ》2021年制作)

南蛮船というコンセプトから生まれたのが、皆を驚かせた創作物というわけだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル