top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

短期集中連載『色街のいま』第2回「長野の某温泉街」~ノンフィクション作家・八木澤高明

週刊実話WEB

(画像)Sean Pavone / shutterstock

千曲川沿いにあり、善光寺の精進落としで賑わったという温泉街に着いた時には、すでに日が暮れていた。

【関連】短期集中連載『色街のいま』第1回「東京・吉原」~ノンフィクション作家・八木澤高明 ほか

ホテルの部屋から温泉を包みこむように小高い山々が見える。漆黒の山並みは、よくよく目を凝らすと、うっすらと雪化粧をしていた。

大浴場でひとっ風呂浴びて、街に出てみた。タイや韓国の女性を連れ出すことができるこの温泉街を初めて訪ねたのは、今から6年ほど前のことだ。当時、温泉街の通りには、タイの地名や、「ハッピー」、「エンジェル」といった軽妙な名の看板が乱立していた。

これも新型コロナウイルスが流行したことの影響だろうか、当時と比べて明かりの灯っていない看板が目立ち、街が暗く沈んでいるように見えた。すると、さらに暗く細い路地から1人の初老の女性が私のほうに向かってくるのが見えた。

「若い女の子いるよ。遊びどうですか?」

広告の後にも続きます

言葉のイントネーションから、彼女は韓国人のようだった。彼女によれば、タイ人女性と遊べるという。せっかくの機会なので、街の様子についても聞いた。

「コロナで潰れた店が多いね。私も2つ店をやってたけど、今は1軒しかやってないよ。女の子も帰国しちゃったし、日本に入れないでしょう。お客さんがお店に来ても、コロナは怖いし女の子もいないから、緊急事態宣言が出ている時は本当にお客さんがいなくて、店が潰れたんですよ」

その頃に比べ、年末になりやや持ち直したという。

「ここです、ここです」

彼女は店の前まで私を連れてくると、中に入れと促した。私は何人かの女性に話を聞く予定だったので丁重に断り、温泉街をさらに歩き続けた。

この温泉街で、多く働いていたのは、タイ人女性たちだった。以前は何人ものタイ人女性が客の手を取り、スナック街の一角にあるラブホテルに入っていく姿を目にしたものだった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル