top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

夫が生前葬、米作りを25年…藤田弓子&日色ともゑが語る「60年代の朝ドラヒロインの今」

女性自身

夫が生前葬、米作りを25年…藤田弓子&日色ともゑが語る「60年代の朝ドラヒロインの今」

朝ドラ開始から60年、現在の3世代物語『カムカムエヴリバディ』と同じく現実でも3世代にわたる歴代ヒロインたちの今に迫った!

 

「結婚して5年たった’90年ごろに東京から伊豆に移住しました。これからは、住むなら自然の豊かなところがいいんじゃないと。私は生涯女優を続けたいので東京から通える距離がいいな、と思っていたら母が見つけてきたんです。標高500メートルの山頂で、目の前には富士山がどかーんと見えるんです。今では新幹線の本数も増えて、引っ越しは正解でしたね」

 

連続テレビ小説で初のカラー放送、橋田壽賀子初の脚本『あしたこそ』(’68年4月〜’69年4月)で香原摂子役を演じた藤田弓子(76)。現在は脚本家の夫・河野洋さん(82)と伊豆で暮らし、伊豆の国市付属劇団「いず夢」座長を務めている。

広告の後にも続きます

 

「主人は元気なうちに77歳で生前葬をしました。友達や仕事仲間など100人ほど集まっていただいて、本当に楽しかったですね。主人は80歳で運転免許も返上したので、今では私が運転手です(笑)」

 

『あしたこそ』では父親役の中村俊一さん(享年54)に、ドラマ期間中ずっと励まされていたという。

 

「収録から2カ月で亡くなる設定なのに、ずっと収録に来てくださって、1年半もご飯に連れて行っていただいて感謝しています。残念ながら’80年に亡くなられて……」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル