top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高畑充希“雛子”、社長就任早々大ピンチ!

テレビドガッチ


高畑充希が主演を務める、2022年1月期の水曜ドラマ『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第1話が、1月12日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

『過保護のカホコ』『同期のサクラ』など水曜10時枠で刺激的で魅力溢れるキャラクタ−を演じてきた高畑。今回、これまで水曜10時枠で演じてきたキャラクターとはガラリと変わって、30歳OL、出世欲ナシ彼氏ナシ、でも「今のままでいいのか?」と思い悩む等身大のキャラクター・高梨雛子(たかなし・ひなこ)を演じる。

<第1話あらすじ>
高梨雛子(高畑)は、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けるベンチャー企業、リレーション・ゲートの社長秘書。社長の浅海寛人(松田翔太)はカリスマ性のある男だが、直感で動く彼の“ムチャブリ”に、雛子は振り回されてばかり。仕事が忙しいおかげで6年間彼氏ナシのまま、30歳を迎えてしまった。

クリスマスイブの夜、いつものように浅海から突然の電話が入る。社内で募っていた新規事業の企画に、雛子も応募しろというのだ。いつものムチャブリに雛子はヤケクソで、数年前に出した企画書の平成を令和に書き換えただけで提出する。

すると困ったことに企画は採用され、子会社設立の記者会見の場で、雛子は前ふりもなく突然社長に任命されてしまう。雛子は右も左もわからないまま、浅海が買い取った創業50年の老舗フレンチレストランを、1か月でリニューアルするよう命じられる。

一方、部下として配属された野心家でナマイキな若手社員・大牙涼(志尊淳)は、自分の新規事業の企画が雛子に負けたことを納得していない様子。そんな大牙たちと共にレストランへ向かった雛子だったが、店が買い取られたことを知らされていなかったシェフたちは猛反発。社長就任早々、大ピンチに陥った雛子の運命は……!?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル