top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

どっちが多い?共働き女性VS専業主婦「お小遣い対決」…やりくりの決め手は「ポイ活」上手

J-CAST会社ウォッチ

「花の独身時代、給料はまるまる自分のお小遣いだったのに…」という女性も、結婚するとそうはいかなる。

専業主婦と共働き女性では、毎月自由に使えるお金はどのくらいあるのか、どこから捻出しているのか。人の財布の中身が気になる人も多いだろう。

転職支援サイトの「ビズヒッツ」が、「妻のお小遣いの平均額や使い道を既婚女性1000人にアンケート調査」を2021年12月14日に発表した。みなさん、やりくりには苦労をしているようで……。

専業主婦は月7800円だが、共働き女性は2万4000円

調査結果によると、妻のお小遣いの毎月の平均額は、専業主婦が7876円、共働き女性(パート・アルバイトを含む)が2万4671円で、共働き女性のほうが約3倍高くなった。

ただ、なかには10万円、15万円といった超高額のお小遣いがある人が何人かいて、平均値を引き上げていた。そのため、全体の約8割を占めるボリュームゾーンの平均額を調べた。

広告の後にも続きます

これは、共働き女性も同様の傾向。5万円以上のお小遣いがある人が、専業主婦の3倍以上の15%にのぼっていた。こちらも、ボリュームゾーンの平均額をとった=図表1、2参照。


専業主婦のお小遣いの平均額(ビズヒッツの作成)

共働き女性のお小遣いの平均額(ビズヒッツの作成)

これを見ると、特別に余裕がある家庭をのぞくと、専業主婦の多くはお小遣いが月1万円に満たないことがわかった。また、「お小遣いがない」と回答した人が全体の15%もいた。「お小遣いゼロ」は共働き女性にも6%いた。こうした「ゼロ」の人は毎月の個人的な出費をどうやりくりしているのだろうか。

調査に協力したお金がテーマのウェブサイト「まねーぶ」ディレクターの最上天晴(さいじょう・あっぱれ)氏はこうコメントしている。

「総務省の家計調査を見ると、世帯主の月収が約36万円、配偶者の収入を合わせた世帯月収が約45万円です。夫婦のお小遣いは世帯月収の1割程度と言われていますので、専業主婦のお小遣いの平均が7876円、共働き女性の平均が2万4761円というのは、妥当な金額に近いなという印象ですね。
(専業主婦の)15%の人が『お小遣いがない』と回答したとのことですが、言葉通りには受け取れないかなと思います。ママ友とのランチ代や、自分の化粧品、服装代を『消費支出』として、家計から直接出しているケースが考えられるからです。『お小遣いがない=自分の自由になるお金がない』とは限らない、ということですね」

お小遣いゼロでも「家計費」から自由に使う女性

お小遣いの使い道はどうなのだろうか。トップ3は、専業主婦と共働き妻双方とも「服・靴・バック・アクセサリー費」「化粧品・美容院費」「交際費(ランチ・飲み会)」が占めた。これらは、女性として欠かせないアイテムだ、というのは言わずもがな。

ところで、「お小遣いをどこから捻出しているか」だが、専業主婦は収入がないため「夫の給料から」が1位で6割を占めた。一方、共働き女性は「自分の給料から」が1位で、半数以上を占めた。しかし、「夫の給料から」も3位に入り、約1割いた=図表3、4参照。


専業主婦のお小遣いの出どころ(ビズヒッツの作成)

共働き女性のお小遣いの出どころ(ビズヒッツの作成)

共働き女性の中には、「夫から、自分の給料はすべてお小遣いにしていいと言われている」とか「自分の給料から一定額の生活費を入れれば、あとは自由に使える」という人がいて、基本的に夫の給料は「生活費」、妻の給料は「貯蓄プラスお小遣い」と夫婦で分担しているケースが多いようだ。


共働き女性の場合、自分で稼いだ分からお小遣いを使うという(写真はイメージ)
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル