top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

これ、写真じゃないんですか…? 張り巡らされた電線の一本一本まで描き込まれた「風景画」がヤバすぎる

Jタウンネット

突然だが、こちらの画像をご覧いただきたい。

あまり背の高くない建物がズラッと並ぶ。その脇には電柱が立ち並び、空を横切って電線が張りめぐらされている。

そして細い道の奥には、手前の建物たちとは対照的なまでにスタイリッシュな高層ビルの姿が。

なんだか見ごたえのある写真……?いや、こちらはイラストレーターのハンカチ(@koutyakizoku)さんが2022年1月3日に投稿した風景画である。

作品名は「西天満四丁目」。大阪市北区の街並みを描いたという。

広告の後にも続きます

写真かと思うほどリアルなこのイラストは、ツイッターで5万件を超える「いいね」を集めるなど大きな話題に(11日夜時点)。リプライ欄には、こんな反応が寄せられている。

「完成度高すぎて実写かと思った…」
「リアルさすごいですね、『君の名は』大阪編に使えそうなくらいに」
「奥行のある構図の書き込み凄すぎですし光の反射がめちゃ綺麗でほんと素敵です」
「大阪人です。精密だけど、むっちゃ綺麗に描いてるのが愛を感じます」

なかには実際に現地の写真と比較してその再現度の高さに感動したというユーザーも。

いったいどんなこだわりで描いたのだろう。Jタウンネット記者は6日、ハンカチさんに詳しい話を聞いてみた。

主役は電柱や電線

イラストレーターのハンカチさんは、中国地方に住む20代の男性。

これまでにも大阪・梅田の街を描いたイラストをツイッターに投稿し、その緻密な描き込みが話題を呼んでいた(21年1月6日配信「『こんな綺麗な大阪見たことない』 イラストレーターが描いた梅田の街に、地元民から称賛の声集まる」)。

住んでいる場所から比較的近い都会が大阪であるため、イラストの舞台にしているという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル