top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

爆死の予感…新ドラマ『ゴシップ』第1話から大コケ「作り物感がすごい」

まいじつ

黒木華 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

1月6日より、黒木華主演のドラマ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○』(フジテレビ系)がスタート。しかし早くも「期待ハズレ」と落胆する声が殺到している。

【関連】菅田将暉が恥ずかしい?『ミスド』コラボに「ファンだと思われそうで不服」 ほか

主人公の瀬古凛々子(黒木)は、大手出版社が運営するニュースサイト『カンフルNEWS』の編集部員。空気が読めず、共感性もないが、与えられた任務である 「PV(ページビュー)数を伸ばす」ためには手段をいとわない。そんな凛々子が「PV数を伸ばす」という目的のため取材して記事を作ることで、世の中に必要とされていないと思っていたネットニュースの仕事が、少しずつ意味のあるものに変わっていく…。同作は、『カンフルNEWS』で働く者たちの仕事・生き方・恋愛を通して、新時代の〝人と人とのつながり〟を描いていく、完全オリジナルの社会派〝風〟お仕事エンターテインメントだ。

「演技派の黒木を主人公に起用していることから、そこそこの期待値はありましたが、勝負をかける第1話のストーリーが地味すぎる。ツイッターユーザーの言葉を鵜呑みにしてフェイクニュースを作ってしまい、それを謝罪する中で、そのツイッターユーザーがなぜウソの情報を発信したのかを探るものだったのですが…。展開がチープで、ネットニュースをテーマにしていること以外は既視感だらけ。そもそも、いまさらネットニュースの〝コタツ記事〟をどうこうするというメッセージ性も古臭く感じますね」(芸能記者)

脚本・演出ともに不評の声が殺到…

実際、初回の世帯平均視聴率は6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と爆死。ネット上でも落胆の声は相次いでおり、

広告の後にも続きます

《色々暗すぎた…キャストは良いんだけどね》
《わざわざ黒木華を配属変えさせた重役にちょっと不穏な空気ありだけど、よくあるお仕事ドラマ》
《これに限らず、ドラマでSNS出てくると途端に面白く無くなるのはなんでだろう? 作り物感がすごい出ちゃって冷めちゃう》
《まいじつをドラマ化なんかしても数字取れないだろうに》
《残念ながら、魅力的とはいえないドラマになってましたね。「ゴシップ」というタイトルをつけておきながら、なんだかぼんやりとした内容をぐだぐだと語っていて「何を見せられているのだ?」と思ってしまいました。脚本、演出がさえていないですよね》
《要するに、まいじつが文春オンラインを目指す話という事なのだろうか》

といった感想が漏れている。

このドラマの脚本こそ、取材が足りなかったのかもしれない。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル