top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「エロの象徴として抜きん出たい!」~グラビアアイドル/金子智美インタビュー

週刊実話WEB

金子智美 (C)週刊実話Web

昨年末、初めてのフルオープン写真集『美しい人』(講談社)を出した〝18禁グラドル〟の金子智美。その反響はすさまじく、アッという間に重版が決まったという。それだけファンの期待度は高く、インパクトが大きかったということだろう。グラビアデビューから8年。なぜ彼女は〝限界突破〟したのか?

【関連】“エロ過ぎる都議候補”49歳になってますます!~女優/後藤麻衣インタビュー ほか

――今度こそ脱ぐかもと期待されながら、なかなか脱がなかった金子さん。ついにやってくれましたね。

金子 大変お待たせしました(笑)。〝18禁グラドル〟としてエロを前面に押し出してきただけに、ファンの方からは「早く脱いで」という声は確かに多かったので、ようやく応えられてよかったです。

――これまではバストトップを見せないための工夫に腐心してきたと思いますが、最大露出はどこまでだった?

金子 スケスケみたいなところまではやっていました。レースっぽい布地越しにうっすら見えるとか、白Tシャツを濡らしてみるとか。そこまでがMAXで、なんとなく見えるけれど、影かもしれない…みたいな。

広告の後にも続きます

――18禁グラドルと言い出したのは自分から?

金子 新しい事務所に入ってからなので、まだ1年くらいなんですけど、もともとは「R18グラドル」と名乗っていました。

――子供には見せられない過激路線、ということですよね?

金子 はい。刺激が強いので、早く大人になって見に来てね…という感じです。

――では今回、どんな心境の変化で脱ぐことに?

金子 事務所を移籍した時の目標が、2冊目の写真集を出すことだったんです(1冊目は2018年)。お話がきたのは脱ぐパターンと脱がないパターンでした。中途半端なものは出したくなかったのと、私のことをもっと知ってほしい、見てほしいと思い「どうせなら脱いじゃおう」と決めました。

自分自身が埋もれているなと感じて…

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル