top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

比嘉愛未VS杏…2022年“寅年女”に期待集まるポッチン写真集と初フルオープン

週刊実話WEB

比嘉愛未、杏 (C)週刊実話Web

寅年生まれの年女芸能美女たちにとって、2022年は、幸福が訪れる縁起のいい年回り。その魅力と才能がこれまで以上に発揮されれば、公私ともにさまざまな話題を提供してくれるに違いない。

【関連】杏が東出昌大のギャラ差し押さえ検討!? 「月1万円養育費」風前の灯火… ほか

例えば、6月14日の誕生日で36歳になる比嘉愛未は、今年、よりエロティックな輝きを見せてくれそうだ。

「2月24日、写真集『本心』が発売されます。すでに写真の一部が先行公開されていますが、背中を大胆に露出した眩し過ぎる黒水着姿。たまらん膨らみ、チラリとのぞくナマ横バストにコーフンするな、というのが無理というものです」(出版関係者)

この写真集、こんな裏話も伝わってくるから楽しみだ。

「ほとんどの写真を下着ナシで行っており〝ポッチン〟ショットが満載だそうで、これからどこまで修正をかけるのか、どこまで公開するかが話し合われていくといいます。比嘉本人は、写真のクオリティーと、自分のボディーの仕上がりに非常に満足しており、〝無修正で構わない〟と言っていると伝わってきます。21年、年女だった後藤真希が、11月に写真集『ramus』で衝撃の透けショットを公開して大変な話題になり、注目度が急上昇したのが、いいお手本になっているようです」(同・関係者)

広告の後にも続きます

21年は、深田恭子の代役を務めたドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)を含む2本で主演を務め、話題の秋ドラマ『日本沈没~希望のひとから』(TBS系)にも出演し、存在感を見せた。ぜひとも〝無修正写真集〟で、さらに勢いを増していただきたいものだ。

期待のかかる初のフルオープン!

その比嘉と『日本沈没』で共演していた杏も、4月14日で36歳となる年女だ。

「夫であった東出昌大の不倫、そして離婚というダメージから、もはやすっかり立ち直っている。『日本沈没』でも、主人公の小栗旬への想いを募らせていくスクープ記者役を爽やかに好演しており、女優として円熟期に入ってきた。そろそろ、しっとりとした大人の恋愛を演じてもいいのでは」(映画ライター)

当然、初フルオープンへの期待がかかる。

「彼女は、映画や写真集でこそありませんが、モデル時代のランウェイで、その美バストを惜しげもなく披露済み。推定〝B級〟ほどの控えめサイズながら、形のいいお椀型。使用感を感じさせる焼き栗色のトップもスバラシイ。双子の女児と、第3子の男児を持つ3児のママで、普通なら形の崩れなどが気になるところですが、もともとがもともとですから、大きく垂れたりという不安もない。モデル体型を維持しているならば、あの日と変わらぬ輝きが拝めそうです」(芸能記者)

東出には、すでに新恋人の20代ハーフ美女の存在が明らかになっているが、

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル