top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

開業資金が足りなかったが…貴重な歯科医院物件の「買い手」になれたワケ

幻冬舎ゴールドオンライン

実家はお世辞にも裕福とは言えず、二浪一留を経て念願の歯科医師になったあづみハッピー歯科医院院長・安積中氏は、自らの成功体験から、「他人を笑わせる力」は目標達成に非常に役立つと語ります。実際に歯科医院の開業に成功した筆者は、笑わせる力をどのように活かしてきたのでしょうか。

【関連記事】ベテラン院長が、採用面接で「応募者にお弁当を用意する」深いワケ

ネタそのものの面白さより「自信を持つこと」が大事

笑わせるチカラを身につけるポイントの1つは「自信をもつ」ことです。絶品、とまではいかないくらいにおいしい料理でも、シェフに「自信作です」と言われると、ちょっとおいしく感じるものです。笑いも同じです。ネタとしてはまあまあでも「どうや」「面白いやろ」と堂々と披露すると、私の感覚では面白さが2割増しくらいになります。

そもそも、おいしい、美しい、面白いといったことは、個々の感性が支配することで、感性は人それぞれです。お笑いコンテストを見ても審査員の評価は微妙に分かれますし、そのことからも万人が大笑いするネタはないことが分かります。

だからこそ、「何を言うか」よりも「どう言うか」です。

広告の後にも続きます

相手に笑ってほしいという気持ちがあり、そのためにこの話を選んだのだという自信があれば、その思いは相手に伝わりますし、笑顔や笑いを引き出せるものなのです。

「経験談」こそ、自信をもって語れるネタ

「どう言うか」と同じくらい重要なのが「誰が言うか」です。

例えば、「ふとんがふっ飛んだ」は、お笑い芸人でもない私のような一般人が言ったところで特に面白くありません。しかし、さんまさんやダウンタウンの二人が言うと、なぜか少し面白く感じるはずです。何が違うのかというと、背景が違います。

「笑いに精通したこの人が言うんやから、面白いんやろう」「面白いはずや」「笑うところやな」

そんな思考が働き、やはり面白さが2割増しになるのです。同じことが日常会話の笑いについてもいえます。

私は二浪して歯科大学に入ったので、浪人生の苦労や苦悩の話ができますし、周りの人もそれを面白いと思ってくれます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル