top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ついに消えるのか?50年燃え続けるトルクメニスタン「地獄の門」に大統領が消火指示

カラパイア


 トルクメニスタンのカラクム砂漠には、1971年から50年にわたり燃え続けている巨大な炎のクレーター、「地獄の門」がある。

 大量のメタンを含む天然ガスが充満し、メラメラと燃え上がる地獄の門は、トルクメニスタンで最も人気のある観光名所の1つとなっている。

 しかし、地元住民に健康被害を与え、環境に悪影響を及ぼしているとして、グルバングル・ベルディムハメドフ大統領は、政府会議で消火するよう指示した。

 ちなみに同大統領は、2010年にも消火指示を出しているのだが、この時は鎮火できなかったようだ。

50年にわたり燃え続ける巨大クレーター

 トルクメニスタンの首都アシガバードを北を約260km行った先にあるカラクム砂漠の中央部にはダルバザ村が存在する。この村には、天然ガスが絶え間なく沸きたつ、直径60メートル、深さ20メートルの巨大がクレーター「地獄の門」がある。

 1971年、トルクメニスタンがソ連(現ロシア)の一部だった1971年、ソ連の技術者が、天然ガスが充満している巨大な空洞の真上に採掘装置を設置したところ、地盤が崩落し巨大クレーターが出現。

 このままでは危険であると。ガスに火をつけ燃やし尽くそうとしたが、まったく消えることなく今日まで燃え続けている。

photo by iStock

大統領が消火命令

 今回の政府会議で、グルバングル・ベルディムハメドフ大統領は、この地獄の門の炎を消すよう、専門家に消火方法を見つけるよう指令を出した。

 燃え続ける火口からは、メタンを多く含む天然ガスが放出され、それが地元の人々に健康被害を与え、環境に悪影響を及ぼしているからだ。

 同大統領は、2010年にも同じ指示を出し、多くの取り組みを行ったが、鎮火に成功しなかったため、今回は再度の指令ということになる。

 BBCによると、大統領はテレビで「私たちが大きな利益に繋がり、人々の幸福を改善するために使用できるはずの貴重な天然資源を失っている。火を消すための解決策を見つける」と述べたようだ。

 トルクメニスタンは、天然ガスを豊富に産出する国として、その埋蔵量は世界第4位であることが知られている。

 現在、トルクメニスタンで最も人気のある観光名所の1つになっているこの地獄の門は、2018年には大統領によって公式に「Shining of Karakum(カラクム砂漠の輝き)」と改名されている。

 さて、今度こそ本当に消すことができるだろうか?

Turkmenistan to Close Earth’s Gateway To Hell | History of Darvaza Gas Crater by Prashant Dhawan
References:Turkmenistan president Gurbanguly Berdymukhamedov wants ‘Gates of Hell’ fire extinguished / written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル