top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

竹財輝之助“堤司”、「うちに来い」とまるちゃんに言った理由は…

テレビドガッチ


中村ゆりか主演のドラマParavi『部長と社畜の恋はもどかしい』(テレビ東京系、毎週水曜24:30~)の第2話が、1月12日に放送される。

同ドラマは、コミックサイト「マンガよもんが」にて連載中の志茂による同名作が原作。中村は、三度の飯よりも仕事が大好きな社畜 OL の主人公・まるちゃんこと丸山真由美を演じる。まるちゃんは、ある日、会社の飲み会後、酔った勢いで「定時に上がる」ことをモットーとして働く堤司部長(竹財輝之助)と一線を超えてしまい……!? 残業女子と定時男子、仕事のやり方も考え方も全く違う2人のもどかしすぎる恋模様に目が離せなくなること間違いなしのオフィスラブコメディだ。

第1話の放送後、SNS上ではまるちゃんと堤司部長の甘いベッドシーンに「刺激が強すぎる」「さすがの色気!」といった声が上がっていた。

<第2話あらすじ>
「俺たち、大人だから」と言った堤司治(竹財)の言葉を“一夜限りの関係”だととらえ、割り切って仕事に集中することにした丸山真由美(中村)。

いつも通り、沢山の雑務を請け負う真由美だったが、残業が諫山基(丸山智己)に見つかってしまう。

仕方なく、仕事を家に持ち帰ろうとすると、バッタリ堤司に遭遇!

家でも仕事をしようとしていることに気付いた堤司は、真由美に「うちに来い」と言う! そんな中、真由美にとって落ち込むある出来事があり……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル