top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「明けの出勤がツラい!」 女性が連休を憂鬱に感じるワケ3つ

fumumu

(shironosov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

仕事が休みの日は、うれしい気持ちになる人も多いもの。しかし一方で連休が続くと、気持ちが不安になることも…なぜ待ちわびた休みなのに、憂鬱になってしまうのでしょうか?


■4人に1人が「連休が続くと憂鬱」

fumumu編集部では全国10〜60代の会社員・公務員の男女601名を対象に、連休が続くと憂鬱に思うか、調査を実施しました。


「憂鬱に思う」と答えた人は、全体で25.0%。

fumumu取材班は女性達に、連休を嫌だと思う理由について話を聞きました。


関連記事:連休明けに強くなる! 休日モードをリセットする3つのアイデア

(1)やることがなくなる

広告の後にも続きます

「休みの日は家で過ごすことが多いのですが、連休が続くとなにをしていいかわからなくなるので困ってしまいます。動画を観たり掃除をしたりしているのですが、だんだんと飽きてきてしまって…。


アクティブな人はどんどん外出して休日を楽しむのでしょうけれど、私はそのようなことを面倒に感じるタイプ。家にいれば、暇を感じてしまうのも当然ですよね。


やることがなくなったときには、ひたすら横になって寝ています」(20代・女性)

(2)出勤するのが嫌になる

「長い休みは歓迎なのですが、ゆっくり過ごした分、出勤するのが嫌になってしまいます。連休の最後の日には、『明日から会社に行くのか…』と思うと、とても憂鬱になってくるんですよ。


実際に出勤しても午前中はなかなか仕事のペースがつかめずに、ダラダラとしたまま昼休みになってしまいます。周囲の人も同じように、『仕事に力が入らない』と嘆いていて…。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル