top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

水谷豊『相棒』予想合戦にニコニコ!“新相棒”発表は延ばすだけ延ばす!?

週刊実話WEB

水谷豊(C)週刊実話

俳優の水谷豊が、この年始、まるで〝福笑い〟のように相好崩しまくっているという。その理由はテレビ朝日の人気ドラマ『相棒』の盛り上がりだ。主人公である杉下右京(水谷)の現相棒〝冠城亘〟こと反町隆史の降板が決定。反町がどのような消え方をするのか、全く不明だ。

【関連】『相棒』の“新相棒”に松下洸平を激推しする声!5代目候補に浮上する7名の俳優たち ほか

「反町では視聴率が取れない。そこで、先に降板発表したところがガゼン、同ドラマへの注目度が高まったのです。反町には殉死説も出ていて、関心の的」(テレビ朝日関係者)

相棒・反町の〝解雇〟が発表されたのが、昨年11月7日の放送直後。平均視聴率11.0%という今season20ではワーストを記録。歴代seasonでもめったにない11%台だった。

「クビを発表された次週回では一気に15.0%と急上昇。反町が辞めることの衝撃と歓迎が如実に表れたのです。ドラマ放映中にクビを発表したのは、もちろん視聴率上げの秘策だったといいます」(同・関係者)

反町降板が確定し、以後、ドラマはそれなりに持ち直す。

宣伝波及効果がハンパない!

広告の後にも続きます

「視聴率は12~13%推移ですけれど、波及効果がハンパではないですね。『相棒』好きの週刊誌、女性誌はこぞって次の〝新相棒〟の予想をし始めました。その宣伝力は想像以上にあると思います。視聴率だって反町降板がなければ、みんな見なかったはず。言ってみれば〝反町見納め〟で盛り上がっているところもあります」(同)

元日には恒例の2時間特番を放映。視聴率14.5%と健闘。来年のSP版は反町ではないだけに、ますます新相棒の予想はヒートアップ。

「水谷は、今seasonで反町の降板を決めていたようです。でも、終了間際で発表するより、途中で発表した方が反町の最後の姿を見たいという視聴者と次期相棒の予想ファンとで盛り上がる。水谷の計算通りでしょう」(テレビ雑誌編集者)

水谷は、過去に反町を「私たちは出会うべくして出会った」とヨイショしながら、結局クビ。

「『水谷天皇』と呼ばれ、キャストの人事権を持つ。だから今後は新相棒について延ばすだけ延ばしてジラすでしょう。その方が盛り上がるし、マスコミの注目も続く。今後もなかなか人選は漏らさないと思います」(同・編集者)

水谷にとっては反町より視聴率が大事、ということか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル