top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

有村架純を襲う闇市場の悪質手口…“ウエット写真”1枚5000円!

週刊実話WEB

有村架純(C)週刊実話

人気女優の有村架純を貶めるような、悪質写真が流出していることが分かった。彼女の〝ウエット写真〟が闇市場で限定販売。1枚5000円という高額ながら「即売り切れ」になったという。

【関連】有村架純バストぶるんぶるん“お宝動画”流出騒動の意外な犯人 ほか

「有村は今でこそ正統派女優で通っていますが、過去には結構、露出度の高いグラビアをこなしてきました。言ってみれば下積みを経てノシ上がってきたわけです。そんな彼女の過去を逆手に取って商売するというのは鬼畜の所業。純粋な有村ファンからの嘆きの声が聞こえています」(芸能記者)

有村は1月3日放送の新春ドラマSP『潜水艦カッペリーニ号の冒険』(フジテレビ系)にヒロインとして出演。2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』も決定するなど、20代を代表する女優に成長した。そんな彼女の過去の写真が流出したことで、闇サイトのマニアたちが大喜びしているというのだ。

「有村の極小ビキニ写真が売られたのは昨年12月初めごろ。元になる動画が存在するため、写真は彼女本人だということは間違いありません。しかも、そのビキニの恥ずかしい部分はしっとりと濡れていて、まるでおもらししたかのような衝撃的なカット。清純派・有村の見られたくない過去写真ということで、闇サイトマニアの間で評判になったのです」(投稿雑誌編集者)

写真の元となった動画は12年前後の制作だとされる。13年にはNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』に出演。急激に知名度を上げたが、前年まではほとんど無名の存在だった。

広告の後にも続きます

「彼女は兵庫県の高校生時代にデビュー。知名度を広げるため、積極的にグラビア活動をしていました。これまで出した作品といえば、動画以外にビキニグラビアの写真も多い。それが今もって悪質使用されている状態です」(同・編集者)

まさに“アダルト仕上げ”

ちなみに、その動画は赤いビキニ姿で「川遊び」をするというもの。その当時、正規品として売られたものだが、彼女にとっては一番、触れられたくない動画だろう。

「そもそも内容自体がカブリつき必至で、エロティックをあおっているのです。極小ビキニのまま飛び跳ねてブルブルさせたり、アップもやたら多い。アダルト仕上げと言えるものなんです」(裏モノライター)

身長160センチ、推定バストサイズ83センチの〝C級〟。肉体派ではないものの、美ボディーで評判。それゆえ、この動画は、以前にも物議を醸したことがあるという。

「2年ほど前に未公開映像と称する疑惑のシロモノが流出。有村のビキニが多少ズレてトップが見える映像が出回ったのです。ほんの一瞬ですが、ピンクカラーが現れて真贋論争に発展。その後、映像は削除されてしまったため、いまだ真相は不明のままです」(同・ライター)

そもそも、この動画には悪用されてしまう欠点もあったようだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル