top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ポジティブに生きるために…! 忘れちゃいけない大切なこと3つ

fumumu

(oatawa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

多くの人は人はネガティブに生きるより、ポジティブに生きたいはず。とはいえ、どうやればポジティブになれるのか…。

そこでfumumu取材班は、ポジティブに生きるためのコツを聞いてみました。


■自分の勘を信じる

「自分の人生なんだから、他人の言葉よりも、自分の勘を素直に信じた方がいい。そうすれば、失敗をしても他人を恨んだりしないし、失敗は自分の経験値として今後のためになる。


あれこれ悩んでいろんな人にアドバイスを乞うよりは、自分の気持ちに素直になって決めた方が、ポジティブというか、さっぱりした気持ちで生きられると思う。


心配性でネガティブな人は、『間違いだったらどうしよう…』と悩むより、『間違いでも、まぁどうにかなるでしょ!』という楽観さを持った方がいい」(30代・女性)


広告の後にも続きます

関連記事:「自分らしさ」ってなんだろう? ありのままを認める3つのヒント

■無理に我慢をしてはいけない

「心がすり減るほど頑張らなくても生きていける。ポジティブに生きたいのなら、生活しやすい環境、ストレスがたまらない環境を積極的に選ぶべき。


例えばだけど、肩書きを重視して自分に合わない大手の会社に勤めても、心身しんどかったらポジティブになんか生きられない…!


肩書や体裁を考えてしまうのもわかるけど、自分が無理しなくてもいい環境が一番だから」(30代。女性)

■完璧よりも7割でOK

「取り返しのつく失敗や失態ならクヨクヨする必要なんてない! 完璧を目指すから気がめいってネガティブになっちゃう。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル