top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

二宮和也、Jr.時代の合宿所生活を回顧 ホームシックの経験がない理由を明かす

fumumu

9日放送のラジオ『BAY STORM』(bayfm)で、パーソナリティを務めるの二宮和也さんが、ホームシックを心配するリスナーからの悩み相談に回答。

自身がジャニーズJr.時代に、合宿所生活をしていたことを回顧し「最高じゃん」と語っています。


■実家を出で最初の生活場所が合宿所

この日の放送では「今春ひとり暮らしを始める予定」だというリスナーからのメールを紹介。

家族が大好きだというリスナーは「ひとり暮らしを始めたらホームシックになってしまうのでは」と心配しており、二宮さんに「ホームシックはどのように乗りこえたらいいのでしょうか?」と悩みを明かしました。

広告の後にも続きます

これに対し二宮さんは「あんまないから分かんない」と、ホームシックになったことがないと発言。続けて「僕はちょっと特殊な生活をしてたから」と、自身がジャニーズJr.だった頃は、所属タレントが共同生活をする合宿所があり、そこで生活していたためだと理由を説明しました。


関連記事:「お家に帰りたい…」ホームシックになったらどうしてる?

■最高だった合宿所生活とは…

合宿所生活を「すごかったんですよ」と話す二宮さんは「飯出てくるし、洗濯物やってくれるし…」「『なんだよ、最高じゃん』ってなったんですよ。多分」と、とても快適な生活をしていたことを回顧しました。

ホームシックになる理由について、生活のレベルがサイズダウンしていくことをあげた二宮さんは「自分の時間だけになる、それを得る代わりに、全ての物の制約が厳しくなる」と、一般的な”ひとり暮らし”について持論を展開。

二宮さんの場合は「水準あがったから。逆に」といい、さらに、実家も東京だったため、時間がある時は帰省していたそう。「明日早いとか、明日終わるの遅いとかなると、合宿所泊まるとかしてたから」「めちゃくちゃラッキーなんですよね。そこに関しては」と、二宮さんにとって合宿所生活は恵まれた環境だったようです。

■ホームシックを感じること「幸せなこと」
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル