top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

チック症YouTuber、収益を公開 大学生離れした稼ぎも「症状は悪化」

fumumu

(pressureUA/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

チック症を公表している大学生ユーチューバー・タカハシさんによるチャンネル『チック症の日常』(登録者数6.24万人)が8日、新たな動画をアップ。これまでの収益を公開しました。


■チック症ユーチューバー・タカハシさんとは?

不規則で突発的な体の動きや発声が、本人の意思とは関係なく繰り返し起きてしまうチック症。根本的な原因は解明されておらず、自分自身で症状をコントロールすることは難しいとされています(多種類の運動チックと1種類以上の音声チックが1年以上続く場合はトゥレット症候群と呼ばれます)。

そんなチック症を抱えるタカハシさんは今回、活動を始めた昨年からの毎月の収益を公開しました。

【動画】チック症ユーチューバー、収益を公開


関連記事:チック症公表のYouTuber、顔出し決意の理由に反響 「勇気付けられました」

■最高で月45万円の収益に

広告の後にも続きます

5月25万円、6月は25万円、7月は14万円、8月は9万円、9月は5万円…と収益はどんどん下がっていったよう。

100万再生規模のヒット動画を出せるかどうかが重要なようで、下がっていく収益に対し「一発屋だったかと僕は情けなく思ってました」「こうなると自分の動画に自信が持てなくなって、動画を作るのイヤイヤ期に突入してしまいました」「YouTubeさんオススメに動画載せてくださいと毎日願っていました」と、振り返る言葉も切ない感じ。

しかし、動画をテロップから音声形式にすることで、10月15万円、11月45万円とV字回復することに。

■チックの症状は悪化

母親とのエピソードを語った動画が200万回再生を突破したことが要因だったようですが、一方でストレスのせいか体調は悪化。

「この頃なんですよね、僕の体調が悪化してきたのは」「今までの努力が報われたと思う反面、このチャンスは逃せないと必死で必死で」「この頃は自分のリソースをすべてYouTubeに捧げていました」「お金が絡むと人間狂うんですよ」「YouTubeのことばかり考えて、心にゆとりがなく、穏やかではなかったです」などとしつつ、チックの症状も悪化してしまったことを明かしていました。


■「色々ありますよね」「翻弄されちゃうよね」
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル