top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

HKT48 武田智加、舞台<淡海乃海-現世を生き抜くことが業なれば->出演決定!

Pop’n’Roll

HKT48 武田智加、舞台<淡海乃海-現世を生き抜くことが業なれば->出演決定!

HKT48の武田智加が、舞台<淡海乃海-現世を生き抜くことが業なれば->に出演することが決定した。

イスラーフィールの小説家デビュー作で、書籍版は累計70万部を突破(電子書籍含む)し、書籍化以外にもこれまでにコミカライズ、オーディオブック化、2度の舞台化を行なった『淡海乃海』シリーズ。

舞台化初演版作品を大胆にアレンジした今作は、『淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~』(TOブックス刊)を原作とした転生時代劇ドラマだ。

演出には松多壱岱を迎え、主人公役は今作が単独初主演となる小川優(ジャニーズJr.)が担当。

メインキャストとして、光GENJIの元メンバーで、現在は舞台を中心に俳優として活躍する内海光司、『仮面ライダーアギト』で注目され、ドラマ『はぐれ刑事純情派』や『ドールハウス』、大河ドラマ『義経』などに出演する実力派俳優の賀集利樹、映画劇場版SOARA『LET IT BE -君が君らしくあるように-』でデビュー後、俳優以外にもミュージシャンとして活躍する堀田竜成、劇団扉座のメンバーで、劇団作品以外にもミュージカル<刀剣乱舞>シリーズや舞台<鬼滅の刃>などでの客演、テレビドラマで活躍する高木トモユキ、HKT48のメンバーで、舞台<奇跡の航路を行け!>以来、約2年半ぶりの舞台出演となる武田智加、劇団だるま座を主宰しながら、連続ドラマ、大河ドラマなど数々の作品にも出演し続けるベテラン、剣持直明が新たに決定した。

現代日本の中年サラリーマンが突如戦国時代に転生してしまい、現代の記憶を持ちながらも、戦国武将の1人としてその時代を必死に生き伸びていくという本格時代劇。転生した先の肉体となる武将・朽木基綱役を小川優(ジャニ―ズJr.)が、転生する前の歴史好き現代人“俺”を内海光司が演じ、同一のアイデンティティを持った2役を2人が演じる。

今作は、5月20日(金)~29日(日)に東京ドームシティ シアターGロッソにて上演。

あらすじ
1550年。足利将軍家が三好家に追放され、室町幕府の崩壊が始まった歴史的な年、近江にある小領地・朽木に、わずか2歳にして当主へ就任した少年がいた。

その名は朽木基綱“竹若丸”(小川優)。だが彼の中身は、歴史好きな現代日本人の“俺”(内海光司)の生まれ変わり。天下布武に想いを馳せる彼の前に、財政難、人材不足、狡猾な他領の計略など数々の試練が立ちはだかる。だが、歴史を知る基綱は屈しない。圧倒的な知識と交渉術、豪胆さを武器に乱世を駆け抜けていくのだった。史実に埋もれた、稀代の軍略家が今、日本史を塗り替える! 戦国武将・朽木基綱の生涯を、大胆に描く大河ドラマが誕生!

舞台<淡海乃海-現世を生き抜くことが業なれば->

原作:イスラーフィール『淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~』(TOブックス刊)
イラスト:碧風羽
漫画:もとむらえり
脚本:西瓜すいか 
演出:松多壱岱
映像:ダイナモピクチャーズ

■出演
竹若丸役:小川優(ジャニーズJr.) 

浅井久政役:賀集利樹
梅丸役:堀田竜成
重蔵役:高木トモユキ
小夜役:武田智加(HKT48)
御爺役:剣持直明

俺役:内海光司

会場:東京ドームシティ シアターGロッソ
日程:2022年5月20日(金)~29日(日)

■料金
前売り¥9,000(全席指定・税込)
当日券¥9,500(税込)
※当公演は未就学児のお客様はご遠慮いただいております。
チケット一般先行:2022年4月9日(土)12:00〜予定
公演に関するお問い合せ:info@tokyo-stage.com

企画・製作:TOブックス

関連リンク

広告の後にも続きます

公式サイト

©Israfil/TOBOOKS

TOPICS

ジャンル