top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

テレビ業界が未曽有の危機…吹き荒れる民放キー局「女子アナの乱」

週刊実話WEB

弘中綾香 (C)週刊実話Web

フジテレビからの退社&独立話が報じられている次期エースと期待されていた久慈暁子アナ。昨年3月、1年後輩で同じ青山学院大学出身の井上清華アナに『めざましテレビ』の総合司会の座を奪われてしまったことが契機になったという。

【関連】『めざましテレビ』低視聴率で井上清華アナに酷評集まる!周囲は豊満アナばかりで… ほか

久慈アナの運命を左右したのは〝ステルスマーケティング疑惑〟だった。美容院など特定の店舗から無料でサービスを受ける代わりに、ツイッターやインスタグラムなどで宣伝していた行為が問題視されたのだ。

「『週刊文春』が昨年4月に記事にする直前、フジ上層部もこの情報をキャッチしていた。久慈アナにとって不幸だったのは内部調査で彼女がステマ騒動の中心的人物だとみなされたこと。実際は『めざましテレビ』に抜擢された井上アナの方が積極的で、他のアナウンサーにも声掛けをしている。調査の結果を知らされた久慈アナは泣いて悔しがっていた」(制作事情通)

久慈アナは入社1年目から次期エース候補の自覚を持ち、上司や番組プロデューサーに対しても、「自分の夢は『めざましテレビ』でメインMCを務めること」と直訴していたほど。

「久慈アナにとっての憧れが高島彩、加藤綾子といった歴代エースの先輩アナです。〝女子アナは天職〟が口癖だった。後輩の井上アナにそのポジションを奪われたことで、プッツリと心の糸が切れてしまったようです」(同)

広告の後にも続きます

もう1つ、久慈アナが退社を決意した理由が下げ止まらない給料だという。

「入社前の青山学院大学在学中から『non-no』の専属モデルなど芸能活動をしていた。山本美月など芸能人の友達も多いんです。付き合いやファッション、ブランド、コスメにもお金がかかる。久慈アナが入社した当時はバリバリ働けば、新入社員でも残業や手当込みで最低1200万円の年収が約束されていた。しかし、現在の年収は750万円程度。働き方改革の指導が入り、残業がないため稼げないんです」(フジ関係者)

すでに久慈アナは大手芸能プロに所属することが内定。4月から再スタートを切る予定だという。

一方、結果的に久慈アナを追い込むことになった井上アナは元気溌剌、意気軒高な日々を送っている。

「4月以降、フジの看板アナの証しである『イノパン』が深夜帯で始まります。収録時間を朝に設定し、彼女に負担を掛けないよう最大限の配慮をするそうです。井上アナが事実上、フジのトップアナに躍り出たということです」(放送作家)

“鬼”になった水卜麻美アナ

看板アナの退社騒動に揺れているのはフジテレビだけではない。視聴率ナンバーワンを誇る日本テレビでも似たような騒動が起きているという。看板番組『ZIP!』のメイン司会を務める水卜麻美アナだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル