top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

蝶野正洋『黒の履歴書』~2022年の抱負と目標まずは二足歩行から!

週刊実話WEB

蝶野正洋 (C)週刊実話Web

明けましてガッデムだ!

【関連】蝶野正洋『黒の履歴書』~蝶野流2021年重大ニュース ほか

2022年の1発目ということで、今年の抱負をガツンとカマしたいところだけど、俺は昨年末に腰の手術をした影響で、まだ本調子じゃないんだよ。

手術は成功して、取りあえず腰の痛みはなくなった。以前は2時間ごとに痛み止めを飲まないといけなくて、それをしなくていいだけでも、だいぶストレスがなくなったね。

ただ、腰のまわりのインナーマッスルが衰えてしまっていて、立ってる時にうまくバランスが取れない。リハビリを始めてはいるけど、まだまともに歩けないので、移動には車椅子を使っている。

だから、今年の最初の目標は自力で歩けるようになることだね。まずは二足歩行。人間として、まさに最初の一歩からやり直しだよ(笑)。

広告の後にも続きます

ただ、車椅子で移動していると、いろいろ気付くことがある。この歩道は意外と段差があるなとか、こんなところに車輪がハマってしまいそうな溝があるんだ、とかね。

かと思うと、これは階段を使うしかないなと思うような田舎の小さな駅でも、ちゃんとエレベーターが設置されてたりする。

公共交通機関のバリアフリー化というのは、思った以上に整備されていると感じたね。

あと、視覚障害者の方のための点字ブロック。あれが車椅子にとっては、デコボコして走りにくかったりする。

誰にとっても安全でフリーな環境を作るということは本当に難しいことなんだと思ったよ。

車椅子で生活してみたことで、街を見る時の視点が変わった。だから、れいわ新選組が障害を持った議員を国会に送り込んだことは理解できる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル