top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

冨永愛、仕事か結婚かを悩む女性にアドバイス 心強い言葉に「響く」と反響

fumumu

9日に放送された『日曜日の初耳学SP』(MBS・TBS系)では、モデルの冨永愛さんが悩める女性達の相談を聞き、アドバイスを送ることとなりました。

そんな中、仕事か結婚・出産を選ぶか悩む女性に対し、冨永さんが送ったアドバイスが、多くの視聴者の間で「響く」と話題になっています。


■バリバリ仕事したいけど…

冒頭では、エステサロンを経営する27歳の女性の悩みを聞くことに。なお、この女性いわく「OLを今までやってた」とのことで、25歳の時に300万円の借金をし、今ではバストアップのエステを始めたそうです。

そんな女性は「もっとバリバリ仕事したい」と思っている一方で、「結婚をすること」「30前半くらいに子供がほしい」とも思っていて「どっちかに絞らなきゃ…」と、悩んでいることを打ち明けました。


広告の後にも続きます

関連記事:モデル・冨永愛が『セブンルール』に登場 「親近感わいた」と視聴者を魅了

■「悩んでる方いっぱいいらっしゃる」

対する冨永さんは「これめちゃくちゃ聞かれます」と口を開き、「だから悩んでる方いっぱいいらっしゃるんだろうなって…」と続けると、「将来的に目標とかはあるんですか?」と尋ねます。

すると女性は「億を動かせる女社長」という目標があると明かすと、冨永さんは「夢は大きくいくべきだと思います」と、前向きな一言をかけました。

その一方、冨永さんは23歳で出産したことを語ると、女性とは状況が違うことを踏まえた上で「子供って授かりものじゃないですか?」と口にします。

■「日本の社会は女性に厳しい」

そして、欲しいと思ってできるものでもなく、自分の力でどうにかなる問題でもないと話した冨永さん。すると「仕事ってどうにかなる、自分の力で」と続け、悩める女性達がこの言葉に頷きました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル