top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

米倉涼子、短いセリフにNG21回 駆け出し時代の苦悩明かす

fumumu

9日放送の『日曜日の初耳学SP)(TBS系)に女優の米倉涼子さんが登場。

初出演のドラマで発した初めての台詞について振り返り、当時の苦悩や自身の信念について語りました。


■モデルから女優への転向

全日本国民的美少女第6回審査員特別賞を受賞した後、しばらくはモデルとして活動していた米倉さん。

1999年に「女優宣言会見」を開いた翌年、『恋の神様』(TBS系)で女優デビューを果たし、劇中でキャビンアテンダントの西園寺エリカ役を務めました。

広告の後にも続きます

撮影は「とにかく何回もやらされた」という米倉さんは、番組内で「年代が近い人たちと一緒だったのに私はできないことが多かった」と今では考えられない駆け出し時代の様子を振り返っています。


関連記事:安住アナ『ぴったんこカン・カン』最終回で、米倉涼子と豪華ラストツアー

■初台詞は21回NGに

そんな彼女の初台詞は「きゃっ!変態」の一言。なんとこの男性とぶつかり声をあげるシーンでは21回ものNGを出してしまったのだそう。

当時の映像を見た米倉さんは「下手くそですよね、これを21回やっているんですよ」と苦笑い。MCを務める林修さんからは「お上手ですねとは言いづらいかな…」と突っ込まれています。

■夢の実現は「やりたいっていう気持ちだけ」

今や時代を代表するドラマ『ドクターX』シリーズ(テレビ朝日系)をはじめ、様々な作品に出演する大女優となった米倉さん。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル