top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

完璧な夫が家を出た。不妊治療中の夫婦に何が――?

BOOKウォッチ

求めよ、さらば(株式会社KADOKAWA)<amazonで購入>

 奥田亜希子さんの『求めよ、さらば』(株式会社KADOKAWA)は、「恋愛」というテーマに真正面から挑んだ作品。

 奥田さんは、世間に馴染むことができない「こじらせ系女子」と「アイドルオタク男子」の心の交流を描いた『左目に映る星』で第37回すばる文学賞を受賞し、デビュー。繊細な心理描写と少しねじれた設定で、現代的な人間関係を的確に描く「新世代の作家」として注目されている。

 刊行前に本作のゲラを読んだ書店員からは、「気持ちがわかりすぎて、わしづかみにされた」「読み継がれる恋愛小説」と絶賛の声が寄せられたという。

 完璧な夫だった彼は、私を、愛してはいなかった。
 三十四歳、結婚して七年、子どもなし。夫には、誰にも言えない秘密がある。


綿あめみたいな覚悟

 本作は3部構成。妻→夫→妻の視点から語られる。

 辻原夫妻は都内の産婦人科に通っている。冒頭、夫の誠太が自宅で精液採取するところがある。精液を調べられることを嫌がる男性が多い中、誠太はそうではなかった。

 「彼は口数が少なく、感情が表に出づらくて、常に淡々としているように見える。冷静とも温和とも違う、凪いだ海に似た静けさをまとっている感じだ」

広告の後にも続きます

 初めてコンドームなしでセックスしたのは3年前、妻の志織が31歳のとき。2人とも子どもを持つことに関心はなかったが、ほしくないわけではなかった。

 「三十五歳までには一人目がいたほうがいいよね、という、綿あめみたいな覚悟で始めた子作りだった。けれども、一年が経っても子どもはできなかった」

 交際を始めてからの12年間、志織は誠太に傷つけられたことも、口論したこともない。とにかく優しいのだ。誠太との暮らしは「安定した温かさ」に満ちている、と志織は思っていた。

愛に似ていた

 誠太の趣味はカメラで、Instagramには志織の写真が無数に公開されている。ところが、ここ最近は写真を撮らず、インスタも更新されていない。

 「いつもは物静かな彼の、熱っぽい視線を受け止めるのが好きだった。(中略)関心をたっぷり注がれることは、愛に似ていた」

 志織が「写真、撮る?」と提案すると、誠太は「充電期間」と言って断った。そして「志織、ごめんね」と、なぜか謝罪の言葉を口にした。

 志織も誠太も検査で異状は見つかっていない。なのに、子どもができない。このことをのぞいて、「私たちは、どこにでもいる普通の夫婦」のはずだった。

 本書の帯にある「完璧な夫だった彼は~」の文言が、意味深でそそられる。「完璧な夫」の「秘密」って? とんでもない裏の顔が? と、そわそわして読み始めた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル