top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「日本は『絞り切った雑巾』状態だった」という恐ろしさ

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、筒見憲三氏の書籍『データドリブン脱炭素経営 エネルギー効率の指標化によるグリーン成長戦略』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

「絞り切った雑巾論」は本当か?

図:製造業のエネルギー消費原単位の推移

前項に示した図から、今後、企業が脱炭素化を進める上で、省エネルギー・エネルギー効率化の余地はあまりなく、それ以外の手段として再生可能エネルギーに頼るしかない、あるいは炭素利用・固定化(CCUS:Carbon dioxide Capture andStorage)や水素活用などの新しい技術開発を待たなくてはならないという他力本願的な論調が最近喧しくなっております。

決してその議論そのものが間違っているということではありませんが、安易にこのような結論に至るのは拙速ではないかと筆者は危惧しております。なぜなら、前述したように省エネルギー・エネルギー効率化はエネルギー問題を取り扱う時の基本中の基本であり、わが国が今後脱炭素化を進める上での基盤であるべきだからです。

この基本を押さえ具体的な行動につなげていく努力や投資は、どこまで行っても終わりがなく継続しなくてはいけないというのが、筆者の強い主張です。

例えば、人間に喩えると分かりやすいかもしれません。少しメタボで困っている人を想像してください。なんとか体重を絞って体脂肪を落とし、メタボ解消の努力をしている場合、やはり毎日体脂肪も測れる体重計に乗ってチェックすることが重要になります。週末等で少し気を緩めて暴飲暴食すると、翌週には即体重増として結果が出てしまいます。

広告の後にも続きます

企業においてもまったく同じではないでしょうか。今まで徹底した省エネルギー・エネルギー効率化をやってきたと言っても、担当者が変わったりして少し気を緩めると増エネルギーになってしまう。毎日とまでは言いませんが、やはり最低でも週次・月次ベースでのエネルギーの消費量や利用状況は必ずチェックしておきたいものです。

つまり、省エネルギー・エネルギー効率化というのは、どこまでやっても終わりというものがないということです。終わりがないと言えるのは、単に体重計に乗り続ける必要性という意味だけではなく、新しい技術が出てくれば、それらを活用することで、さらにエネルギーの削減や効率的利用に資することができるのです。

この点を分かりやすい例で紹介すると、照明設備における蛍光灯からLEDへの進化があります。一般の蛍光灯をLED照明に更新すると、同じ明るさであっても電気消費量で2分の1から3分の1になります。筆者がESCOビジネスを始めた1990年代後半には、この使えるLED照明設備は市場にありませんでした。

つまり、エネルギー消費をするすべての設備機器は、製造業であれば製造用機器自体も含めて、日進月歩で効率化は進んでおり、古いものを新しい高効率機器やシステムへ更新すれば、それだけで大きな省エネルギー・エネルギー効率化が達成できるのです。

この技術革新のスピードはますます速まっており、高効率の設備機器への更新をどのタイミングでどの程度行うことが脱炭素に向けて最も効率的・効果的なのかなどは、なかなか難しい経営判断が求められるところですが、常にそうした目線と管理体制を維持していくことが極めて重要でしょう。

企業のみならず、社会全体としての脱炭素化を進めるに際して、まずは省エネルギー・エネルギー効率化を基盤とし、定常的にエネルギーの利用状況を運営管理すべきことに納得いただけましたでしょうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル