top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北朝鮮・金正恩総書記「健康悪化」で到来する金与正“女帝”時代

週刊実話WEB

(画像)Alexander Khitrov / Shutterstock.com

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙『労働新聞』は昨年12月22日、金正恩総書記が統治してきた10年間を振り返る記事を掲載し、《今年(昨年)は試練において建国以来最悪》と指摘しながらも《人民のための献身においては10年の絶頂だった》と、正恩氏の献身ぶりをたたえることで締めくくった。

【関連】北朝鮮・金正恩体制“暴走10年”の実態…はびこる女子大生売春 ほか

「核・ミサイル開発を即刻中止すれば、外国からの投資は増え、輸出入により国は豊かになります。しかし、改革・開放を断行すると西側の文化がどっと入り込み、北朝鮮の体制は崩壊してしまう。この矛盾が解決できないため、いつまでも国民は貧しいままなのです」(国際ジャーナリスト)

昨年12月17日、金正日総書記の死去から10年を迎えた北朝鮮は、金日成主席、正日氏の遺体が安置されている錦繍山太陽宮殿広場で『逝去10周忌中央追悼大会』を開催した。

10年前の葬儀で、正恩氏と共に霊柩車を囲んだ幹部7人は、粛清や世代交代で全員が表舞台から消えた。正恩氏は独裁体制を永続化させるため、これまで党規約や憲法を改正し、繰り返し〝エレベーター人事〟を行うなど、強権政治を維持してきた。

権力の一元化が図られることは、人事や政策変更が迅速にできる半面、予期せず独裁者が第一線を退いた場合、政治運営が一挙に瓦解することになる。そして、外国勢力の干渉を招くことも避けられない。

広告の後にも続きます

そんな情勢下で追悼大会に参加した正恩氏の顔が、どす黒く老け込んで見えたことで、韓国メディアを中心に「健康不安説」が再び持ち上がっている。

「当日の気温は零下5~6度、体感温度は零下20度と伝えられています。本当に健康状態が悪ければ、行事への参加を取りやめたり、正恩氏の居場所を屋内に変更したりしそうなものですから、老け顔は低い気温のせいかもしれません」(北朝鮮ウオッチャー)

とはいえ、韓国と北朝鮮は直接通話できないが、北朝鮮の一部地域で使える中国キャリアの携帯電話を経由して、韓国や米国のメディアが住民や党幹部などを取材している。そこからは国民が、正恩氏の健康を気にかけているという情報が漏れ伝わってくる。

党の最高幹部が配慮するほどの“格”の違い

その一方で生前の正日氏が、愛娘の金与正党副部長を「彼女に口ひげがあったなら後継者にしていただろう」と、高く評価していたのは有名な話だが、実際に与正氏の序列が上がったことが確認された。

「朝鮮中央通信が先の追悼大会に出席した8人の党政治局委員を紹介した際、続いて与正氏の名前が政治局候補委員よりも先に呼ばれました。つまり、政治局委員に昇格したのではないかと推測されるのです」(前出・国際ジャーナリスト)

与正氏は昨年9月の最高人民会議(国会に相当)で党国務委員会委員に選出されたが、北朝鮮において形式的な地位や肩書は「白頭血統(日成氏の子孫)」に属する者には意味がない。最高指導者である正恩氏と、どれだけ近い関係なのかが重要なのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル