top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

デアゴスティーニ、「週刊 航空自衛隊 F-2戦闘機をつくる」1/18創刊

FlyTeam

デアゴスティーニ、「週刊 航空自衛隊 F-2戦闘機をつくる」1/18創刊

デアゴスティーニ・ジャパンは2022年1月18日(火)、週刊「航空自衛隊 F-2戦闘機をつくる」を創刊します。全100号で、創刊号は特典DVDが付き399円、2号以降は1,790円です。全国書店、デアゴスティーニのホームページで販売し、全100号でパーツを集め組み上げると、1/24スケールの国産戦闘機「F-2」 が完成します。各巻で、「F-2開発史」「F-2のテクノロジー」「F-2の運用」「F-2と空自戦闘機」の4つのテーマから毎号、ひとつを解説していきます。全100号の総額は、17万7,609円になります。

F-2は、アメリカ空軍F-16をベースに開発され、日本の技術力が注ぎ込まれた国産戦闘機です。デアゴスティーニは、築城基地の第8飛行隊の協力を得て、F-2Aとして最終納入の「13-8564」を取材し、細部まで再現。コントローラーでは、キャノピーの上下、ランディングギアの収納・展開、フラップとフラッペロンの角度調整などができるようになっています。兵装類もマグネット式で着脱でき、対地、対空、対艦装備だけでなく、増槽や照準ポッドまで用意されています。完成すると、全幅は46.2センチメートル(cm)、全長64.5cm、全高20.8cmです。

完成イメージ

なお、創刊号から15号まで購読すると「築城基地 第8飛行隊マーク」のTシャツとキャップ2点セットがプレゼントされます。また、1月21日(金)から2月13日(日)までデアゴスティーニ・ジャパンの公式Twitterでキャンペーンを実施、10名にF-2戦闘機のオリジナルグッズがプレゼントされます。

F-2戦闘機をつくる、内容の一部

TOPICS

ジャンル