top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ワクチン拒否し感染を隠した友人と接し… がんサバイバー女性が無念の新型コロナ死

Sirabee

がん治療中、あるいはサバイバーの人たちは免疫抵抗力が下がっていることが多いため、新型コロナウイルスに感染したら重症化しやすいといわれる。このパンデミックでは、積極的にワクチン接種を受けた人も多いという。

アメリカでは、1人のがんサバイバーが無念なかたちで新型コロナウイルスに命を奪われてしまった。『WXYZ-TV』『WKBN-TV』など多数の地元メディアが伝えている。


■健康には気を付けていたが…

アメリカ・オハイオ州に暮らし、ワクチン接種を済ませていたバーブ・バルトロビッチさん(82)。彼女は血液のがんのサバイバーだった。

バーブさんは、健康に関してあらゆることに人の何倍も気を付け、人混みを避けるなどして新型コロナウイルスを寄せ付けまいとし、ワクチンも積極的に接種してもらっていたという。


関連記事:優秀な外科医が無念のコロナ死 ワクチン接種2回目から8ヶ月後に感染

■トランプ大会に誘われて

広告の後にも続きます

それでもバーブさんの交際範囲の全員が、「ワクチン肯定派」だとは限らなかった。

ある女性の友人はワクチンをかたくなに拒み、1回も接種していなかったなかで新型コロナウイルスに感染した。しかし、ほとんど症状らしきものが現れなかったこともあり、友人同士のトランプ大会に参加。そこに誘われたバーブさんも、喜んで参加したのだった。

■あっという間に重症化

ところがその後、友人と一緒に過ごしたバーブさんも新型コロナウイルスに感染。ただちに入院したが重症化し、2021年12月21日に帰らぬ人となった。

ミシガン州に暮らす孫娘のローレン・ナッシュさんは、地元メディア『WXYZ-TV』の取材に「祖母はワクチン接種を受けていましたが、免疫力が低下していたのです。そのとき集まった人たちの誰が感染していたのかは、検査ですぐにわかることです」と話している。

残された4人の子供と10人の孫たちは、悲しみに暮れるとともに、その友人に対し腹立たしい気持ちでいっぱいだという。


■接種を拒みつつ外出する人々
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル