top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ニューヨーク・嶋佐、酔って空気階段・鈴木への本音がポロリ

テレビドガッチ


1月9日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系、毎週日曜7:00~)では、高円寺を愛してやまない芸人・鈴木もぐら(空気階段)、嶋佐和也(ニューヨーク)、坂井良多(鬼越トマホーク)が出演。ネット上では酔いが回って素が出てしまった嶋佐に注目が集まった。

暇を持て余し、高円寺で安酒を飲んでいた生活とは一転、それぞれが忙しくなってしまったが、この日は久々に思い出の居酒屋「一休」でジョッキ片手にトークをスタートさせた。

芸人を目指したきっかけの話になると、嶋佐はただモテたくて上京。大学生活を謳歌したが、卒業前に「普通に就職するのが怖くなってお笑いやろうと思った」と明かした。鈴木は「根底がロック!」と感心し、嶋佐と心を通わせた。すると坂井は「2人とも成功してるから聞けるんだけど」と前置きした上で「夢を語って『それロックですね!』っていう励ましは“高円寺あるある”。クズがクズを励ます時の常套句」と絶妙なツッコミをいれた。痛いところを突かれた2人は大笑いでうなずいていた。

時間が経って酔いが回り始めた嶋佐は、赤ら顔で「もぐはホント素晴らしいんだよ!」と鈴木にからみ始めた。「家庭も持って売れてる。それだけ最上級なことはないよ!」とベタ褒め。「全部が満たされてなかったやつが、一気に全部が満たされたやつになったってことが起こってるんだよ!」とくだを巻く。鈴木は「まあ、でも、ねぇ……」とうろたえ気味。しかし嶋佐の状態を察すると「そろそろお時間です、閉店で~す」と絶妙なタイミングで切り上げた。

ネット上では、仲間との語らいについ心を許し、酔いが回ってしまった嶋佐に対し「酔い方」「いい話してるけど、酔ってたのがリアルでいい」「人間としての愛嬌がにじみ出てる」といったコメントがあがっていた。

次回は1月16日放送。兼近大樹(EXIT)、花江夏樹、加賀翔(かが屋)が出演する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル