top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

あなたの旅は、良いものでしたか?『FF14 暁月のフィナーレ』プレイレポート

Game*Spark

あなたの旅は、良いものでしたか?『FF14 暁月のフィナーレ』プレイレポート

スクウェア・エニックスの運営するMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』の最新拡張パッケージ「暁月のフィナーレ」が発売してから、早くも一ヶ月が過ぎました。今回の拡張では「新生エオルゼア」から8年間綴られてきた「ハイデリン・ゾディアーク編」の物語がいよいよ完結。そんな「暁月のフィナーレ」のプレイレポートを執筆する機会を頂けたので、これまでの冒険やコンテンツに触れつつ、感想を述べていきたいと思います!

なお、パッチ6.0で実装されたストーリー、コンテンツの内容を大きく含みますので、旅路の中にある光の戦士の方々や、これからFF14を触ろうと考えている方はご注意ください。

メインクエスト─「生きる」ことの意味と、「あなた」のこれまでの歩み
まずはメインクエストのストーリーについて、いくつかの場面をピックアップしつつ振り返っていこうと思います。

シャーレアン・サベネア島編
アシエン・ファダニエルとゼノスの勢力である「テロフォロイ」が掲げる終末。アルフィノ、アリゼーの父であるフルシュノの発言に隠された意図を突き止めるべく、また終末の謎を解き明かすため、暁のメンバー達はシャーレアン本国へと向かうところからストーリーは始まります。

暁メンバー達の故郷でもある都市国家シャーレアン。そして、何度も名前だけが登場していた近東のサベネア島。いよいよこれらの地へ足を運べたこと、これから広がっていく冒険の始まりに、感動を覚えました。エメトセルクの声によるナレーションもテンション上がりましたね!

81レベルのダンジョンでもある「ゾットの塔」の内部で、錬金術師であるニッダーナさんが塔の装置へ取り込まれてしまった時は、「早速やりやがったな!」と感じました。以前の拡張パッケージである「漆黒のヴィランズ」序盤で、虚しくも罪喰いに襲われてしまったテスリーンのように、不穏な幕開けのようを物語っているのではと不安でしたが、その心配も杞憂に終わってほっとしたのを覚えています。またゾットの塔では主人公の過去視によって、アシエン・ファダニエルはアラグ帝国の時代にアモンであったことなどが判明するなど、物語は早速広がりを見せていきます。

ガレマルド編
これまでエオルゼア諸国と戦争を続けてきたガレマール帝国では、皇帝の崩御による後継争いの内戦が続き、壊滅状態でありました。そんな帝国民の保護を目的とし、帝都ガレマルドへ向かう有志のイルサバード派遣団が結成されました。この部分のイベントでは、これまでの各ジョブのジョブクエストにて登場したNPCが再登場し、ジョブクエストを進めていればNPCとの特殊な会話が聞けるなど、嬉しいサプライズもありました。

帝都ガレマルドで目の当たりにしたのは、かつての大国の面影がないほどの惨状と、エオルゼアの民に対する根強い反感。それほどまでにエオルゼア諸国とガレマール帝国の対立は深く、決して相容れないものでありながらも、派遣団は手を差し伸べ続けます。「同じ人同士なのに、どうしてここまで…」というのが当時の感想でした。

そして、ガレマルドで最も衝撃的であったクエストが、「寒夜のこと」であったと思います。ゼノスはもともとプレイヤーからもヘイトが高く、そのゼノスに普段操作しているキャラクターを乗っ取られてしまうという展開に、激しい嫌悪感や憎しみを抱いた方も少なくないはず。私もその一人です。しかしそれこそが、プレイヤーが「一度狩った獲物」であるゼノスに、再び執念の炎を灯させるための計画なのだと考えさせられました。

嘆きの海編
バブイルの塔からテロフォロイを追って、いよいよ光の戦士は月へと辿り着きます。ここではついに封印が解き放たれた最古にして最強の蛮神、ゾディアークと対峙することに。正直なところ、「83の討滅戦でこれが来るの!?」という感じでした。89レベル、もしくはラスボスでゾディアークが登場すると思っていたので、想像よりも早い決戦に驚きを隠せませんでした。「ゾディアーク討滅戦」はコンテンツとしても中々の難易度で、中盤の床が爆発するフェーズなどで非常に苦戦した記憶があります。

激戦の果て、ファダニエルと共に消えていくゾディアーク。「この物語は、ここからどうなっていくんだろう…」ということで頭がいっぱいでした。漆黒のヴィランズでアシエン、ゾディアーク、ハイデリンについて深堀りがなされましたが、そんなゾディアークが早くもここで消滅。レベル的に見ても中盤に差し掛かる頃といったところであったので、ここから先の展開についてはまったく予想が出来ませんでした。月ではハイデリンの協力者である種族、レポリットと出会い、きたる終末への備えを進めます。

<cms-pagelink data-text="【次ページ】そして世界は終末へ……。" data-page="2">【次ページ】そして世界は終末へ……。</cms-pagelink>

世界の終末編
タタルからの報告を受け、アーテリスへ戻ると、サベネア島では終末の厄災が起こり、人々は強い恐怖や絶望から獣に次々と転じていってしまいました。ラザハンの戦士を率いたアヒワーンや、人を庇って犠牲になる人々など、とにかく絶望的な状況が眼前に広がります。自身も強い恐怖を抱きながら赤子を抱えて必死に走るマトシャのところへ、ピンチに駆けつけたエスティニアンとヴリトラのコンビが登場するシーンはマトシャ役の方の演技も相まって、印象深く残っているシーンのひとつです。

エルピス編
終末は何によって引き起こされているのか。その真相を突き止めるべく、光の戦士が次に向かったのは第一世界と、かつての終末が起こる前の過去の世界でした。過去に渡った先のエルピスでは、在りし日のエメトセルクとヒュトロダエウスに遭遇。当時のファダニエルの座であったエルピスの所長、ヘルメスと彼の創造した使い魔であるメーティオン、更には先代の「アゼム」であった女性、ヴェーネスなどとの出会いによって、終末の真相に踏み込んでいきます。

アシエン・エリディブスとの再会シーンが個人的にはお気に入りです。パッチ5.3「クリスタルの残光」で描かれた彼が本当に健気で好きで、かつては敵対した相手ながらも、この星の未来に希望を託すため、力を振り絞る演出には思わず涙が。「最後のひとりはいちばん寂しい」という、ゾディアークの核からハイデリンへ向けられたセリフからも、彼がこれまで背負ってきた想いを感じ取れます。

空へ飛び立ち、他の惑星に住むものの思いに触れ、心があるからこそ蝕まれてしまった結果、終末の元凶となってしまったメーティオンと、彼女の探してくる答えを最後まで待ち続けたヘルメス。エルピス編では一番のキーパーソンとなっている彼は、「どうしようもないほどに、どうしようもない奴」であったと感じました。87レベルのダンジョンである「ヒュヒュペルボレア造物院」の最後のボスとして立ちはだかる彼ですが、その終盤で襲いかかってくるのは彼の得意とする、飛行能力を持った生き物達。結局は、彼自身の創造生物に対する思いも、メーティオンに対する思いの前では負けてしまうのです。

しかし、ヘルメスは感覚が古代人よりも、現代に生きる人々に近かったのだと思いました。「死ぬ」ということが当たり前でなく、生命は常により善いものとなることが望まれ、星に益をなさない生物には死が与えられ、「創り直す」のが当たり前とされていた古代の時代。そんな時代の中で、当たり前のように創り直される過程のなかで命が消えゆくことに疑問を抱き、生きることの意味や歓びを見出そうとしたヘルメス。この星よりも外の世界のことを知るために、他の星ではどのようなことが「当たり前」であるのかを確かめるためにメーティオンを作り出した彼は、間接的に終末をもたらす原因を作ってしまったにせよ、どこか憎めない部分もあります。実際、彼は絶望したメーティオンについていくことを選ばず、最後まで人として終末に立ち向かっています。

ハイデリン編
古代においてはカイロスの記憶改変から唯一逃れ、終末の真実を目の当たりにしていたヴェーネスの努力も虚しく、訪れた終末の厄災に人々は絶望してしまいます。そんな中でも希望を捨てることなく、長い長い時の中を歩み続けたヴェーネス。一方、現実の世界では終末の厄災がガレマルドにまで広がっていき、混迷を極めていきます。終末の元凶を止めるべく、星の果てへ向かわんとする一行の前に試練を与えるのは、最後の旧き神「ハイデリン」そのものでした。

ゾディアーク戦の後、いつかはハイデリンとも戦うことになるのだろうというぼんやりした予想が、このような形で的中したことに驚いたのを覚えています。このハイデリン討滅戦はフェイスシステムによって暁のメンバーと共闘ができたのも画期的でした。

エルピス編の終盤、そしてハイデリンと対峙するこのクエストの名前には、「新生エオルゼア」のテーマ曲であった「Answers」の歌詞が使われています。(「生まれ死んで答を得る」、「すべての子らよ」)こういった背景を踏まえながら、公式ブログで公開されたAnswersの歌詞を読み進めていくと、胸にこみ上げてくるものがありますね。

また、リトル・シャーレアンでムーンブリダの両親と、ウリエンジェが再会を果たすシーンでも思わず涙が。漆黒のヴィランズや今回と何かと苦労人な役回りのウリエンジェですが、彼が、そしてムーンブリダさんも、報われて良かったと思いました。

ウルティマ・トゥーレ編
ハイデリンを打ち破り、いよいよ一行は星の果ての「ウルティマ・トゥーレ」へと辿り着きます。一人、また一人と仲間の姿を失いながらも、思いを胸に前へと進んでいく光の戦士。
孤独ながらも歩み続けた果てで、エメトセルクとヒュトロダエウス、そして暁の仲間達と想いの力によって再会を果たします。最後に主人公だけが残り、レムナントへと一人で歩んでいくシーンでは、自身に付与されるステータスの名前が「エンドウォーカー」であり、鳥肌が立ったのを覚えています。

「レムナント」での決戦を終えた一行の前に現れたのは「終焉を謳うもの」。これまでの絶望を全て凝縮した恐ろしい存在で、暁の面々を簡単に圧倒していきます。そんな中、光の戦士は暁の彼らを逃し、一人で終焉を謳うものと対峙。絶体絶命のピンチに駆けつけたのは、まさかの神竜となったゼノスなのでした。ゾディアークとハイデリンと戦って以降、ラストの討滅戦には何が待ち構えているのか、最後はまたゼノスと戦うことになるのでは、と思っていたところでこの展開だったので、驚きを隠せませんでした。


終焉の戦いを制した光の戦士は、因縁のゼノスとの戦いに挑み、決着をつけます。「紅蓮のリベレーター」で登場し、これまで何度も物語に絡んできたゼノス。そんな彼ともいよいよお別れをする時がやって来ました。最後のゼノスの言葉は聞けず仕舞いでしたが、彼は一体なんと言い残したのでしょうか。また、ジャーナル欄から見れるクエストリストで、ぜひこの「暁月のフィナーレ」のサマリーを読んでみてください。

奇跡の生還を果たした光の戦士。暁の血盟は解散が決定し、それぞれは別々の場所へ。それでも、物語はこれからも続いていきます。さて、今日のあなたはどんな冒険をしますか?

<cms-pagelink data-text="【次ページ】ロールクエスト、暁月のフィナーレで追加された新要素について" data-page="3">【次ページ】ロールクエスト、暁月のフィナーレで追加された新要素について</cms-pagelink>

ロールクエスト─それぞれの想いと旅路
85レベルで開放されるロールクエストでは、それぞれグリダニア(タンク)、リムサ・ロミンサ(近接DPS)、ドマ(遠隔物理DPS)、イシュガルド(遠隔魔法DPS)、アラミゴ(ヒーラー)と、本編では語られることのなかった各国の、偽神獣を追う物語が展開されます。

特に興味深かったのはイシュガルドが舞台となっている、遠隔魔法DPSのロールクエストです。竜詩戦争の終結後、イシュガルド正教はどうなったのか、宗教国家であるイシュガルドという国はどういった在り方をするのか、そんな話が繰り広げられるので、「蒼天のイシュガルド」のストーリーが好きであった方はぜひともチェックしてみてください!

どちらも触ってほしい!新ジョブ「リーパー」&amp;「賢者」
毎回の拡張の目玉ともなっている新ジョブですが、今回は近接DPSの「リーパー」と、バリアヒーラーである「賢者」が実装されました。さっそく筆者も両方のジョブを触りカンストさせましたが、「どちらのジョブもおすすめ」と言える性能や魅力を持っています!

近接DPSであるリーパーは操作性がよく、スタイリッシュに大鎌を振るアクションや、アバターによるコンビネーションがとにかくかっこいいです!基本的なコンボの中にはアクションの方向指定が無いことや、移動アクションである「ヘルズイングレイス/ヘルズイーグレイス」は硬直時間とリキャストが短く、難しくないゲージの管理など、初めて近接DPSを触る!という方でも心配なく使用できる、非常に高いポテンシャルを持っているジョブといえるでしょう。

一方のバリアヒーラーである賢者は、攻撃と回復を同時に行うという他にはない操作性が特徴の一つです。アビリティによる回復やダメージ軽減の手段が非常に豊富なのが強みで、「パンハイマ」のような超強力なバリアや、「プネウマ」のような強力な回復・攻撃スキルを持っているなど、同じバリアヒーラーである学者とは異なった面白さを持っています。20秒に1つ付与されるアダーガルをいかに駆使するか、豊富な手札のどれから使っていくのかを、コンテンツごとに試行錯誤してみるのも楽しいでしょう。

ストーリーの一方で…気になったポイント
今回の『暁月のフィナーレ』では、ストーリーは文句なしの傑作であったと思います。しかし今回から新しく追加されたシステムの中には、いくつか気になったポイントもありました。

まず挙げられるのが、クエスト内での新システムである「同行」や「尾行」といった試みによる、テンポの悪さです。同行システムではNPCとフィールドを散策し、特定の場所では特殊な会話が発生するなど、よりストーリーへの没入感を深めてくれるものでしたが、都市内であればエーテライトの使用、フィールドであればマウントの騎乗などで同行状態が解除されてしまいます。また尾行システムはNPCの移動するスピードや、見つかってしまった場合に最初からやり直しになってしまう仕様など、時間を要するものが多くありました。特に、ガレマルドの風脈開放に必要なサブクエストでの尾行などは、フラストレーションが溜まったプレイヤーも少なくはないのでは…。こういった部分は今後の改善を期待します。

もうひとつの気になったポイントは、「装備グラフィックの使い回しが多数目立ったこと」です。コロナウィルスの流行、開発環境の変化など、本当にギリギリの環境でのリリースであったことは確かでしょうが、一方でユーザーとしては、新しい拡張がリリースされる際には「新しいダンジョンではどんな装備が落ちるんだろう!」「どんなアイテムが作れるようになるかな!」と期待してしまうもの。今回の製作可能な装備は全て、これまでのダンジョンや、PvPの戦績報酬で交換可能なものでした。ジョブごとの見た目がシャッフルされるわけでもなく、もともとダンジョン装備であったものなどは、「せっかく周回して集めたのに…」というような気分になってしまうものも。

6.05にて実装された「新式装備」すらもPvP装備のものと同じグラフィックと、ワクワク感が削がれてしまったのが残念でした。今後の装備には期待をしたいところです。これまでの拡張パッケージで最初に追加された新式装備はどれも既存のものと同じグラフィックではありましたが、こうも使い回しが多いと気になってしまいます。パッチ6.2のタイミングでは「ネオイシュガルディアン装備」のような、クオリティの高い装備に期待したいところです。

このように今回は『暁月のフィナーレ』について、その魅力を語ってきました。本作はこれまでの集大成であり、超大作とも言える巨編でしたが、よくこの物語を完結まで導くことができたな、と感じました。今回は特に、「プレイヤーのキャラ=プレイヤー自身」ということを意識していた描写が多く、ラストの問いかけなどがその最たる例であると言えるでしょう。そんな中で、「生きることの意味」という問いを追い求め続けていた今作では、非常に深く考えさせられるものがありました。そして、その答えは一つではなく、一人ひとり違うような、多種多様なものであると思っています。これからはどんな冒険が私達を待ち受けているのでしょうか。エメトセルクの言うように、この世界にはまだまだ私達の知らないことで満ち溢れています。そういったものを見て、感じて、知ることも、生きる歓びの一つなのかもしれません。

FF14というゲームが好きで、FF14のひとつの物語の完結を見届けることができて、本当に良かったと思います。

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル