top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

桜田ひより“小泉さん”、逆境の中でもラーメンを堪能「食べに行きたい」

テレビドガッチ


桜田ひよりが主演を務める『ラーメン大好き小泉さん 二代目!2022年新春SP』(フジテレビ系)が、1月8日に放送。桜田演じる小泉さんが様々なラーメンに舌鼓を打つ姿に、ネット上では「食べたくなる」「飯テロすぎ」などのコメントが寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、ラーメンが大好きな謎の女子高生・小泉さんがラーメンを食べまくる前代未聞のラーメンドラマ。約2年ぶりの復活となる今回は、2020年春から現在に至るまでのコロナ禍が舞台となった。

2020年3月、新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックの延期が決定する中、小泉さんと友人の大澤悠(井頭愛海)は、中村美沙(田鍋梨々花)からミュージシャン志望の青年・隼人(小宮璃央)と付き合うことになったという報告を受ける。しかし、4月には緊急事態宣言が発出され、デートもままならない状況に。小泉さんも「しばらくお店でラーメンを食べられそうにないので」と、最後の一杯を味わっていた。

6月には緊急事態宣言が解除され、久しぶりに人気中華料理店を訪れた小泉さんと悠と美沙は、そこでクラスの委員長・高橋潤(井本彩花)と隼人が仲良く食事している場面に遭遇する。「私の彼氏と何しているのよ!」と激怒する美沙だったが、総重量2.5kgのジャンボ餃子の登場に、委員長への追及はうやむやになってしまう。

体育祭や文化祭、修学旅行などのイベントは軒並み中止。2021年に入っても事態は良くならず、我慢の日々が続いていた。ようやく感染者数が減ってきた10月、隼人は委員長に「ミュージシャン辞めようかなって思っている」と報告する。悠と一緒にその会話を聞いてしまった美沙は「やっぱり2人は付き合ってたんだね」と割って入り、「私は愛人でいいから!」と衝撃の告白。そこに通りがかった小泉さんは「すべて誤解ですよ。みなさんラーメンを食べに行きませんか」と、あるラーメン店に誘うのだった。

今回も実在する人気有名ラーメン店が多数登場。小泉さんたちがラーメンを食べる姿に、ネット上では「どれも美味しそう」「食べたくてしょうがない」「食べに行きたい」「飯テロすぎた」「小泉さんの恍惚な顔最高」「ラーメン屋さん応援番組だ」などの声が上がっていた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル