top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スピワゴ小沢、自主映画企画で謝罪 脚本が本格的すぎて「撮れない」

fumumu

7日、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬さんが自身のYouTubeチャンネル『スピードワゴン小沢のオザワ倶楽部』(登録者数13.1万人)を更新。

チャンネルで始動していた自主映画製作プロジェクトに関して、ファンにとある謝罪をする一幕がありました。


■映画製作プロジェクト

「【謝罪】映画プロジェクトについて」とのタイトルで公開された今回の動画。昨年10月からスタートした、映画製作プロジェクトについて報告していきます。

2022年夏の公開を目標に、小沢さんが監督となってオリジナルショートムービーを作るという今回の企画。第一弾として脚本家を募集したのですが、全国の脚本家志望から100以上のシナリオが届いたことが明かされます。

広告の後にも続きます

【動画】スピワゴ小沢、自主映画製作プロジェクトでファンに謝罪


関連記事:スピワゴ小沢、芸人に求められるものが変わり苦慮 「もう何していいか…」

■脚本が本格的すぎる問題

「目を通させていただきました」「面白い作品もたくさんありました」「今すぐ撮れるじゃん、もう脚本になってるじゃんってのもたくさんあって…」「やりたいって熱意は伝わってきました」としつつも、一旦ふりだしに戻ることが明かされます。

その理由は、脚本が本格的すぎたこと。「俺の言い方が良くなかったのかわからないけど、ちょっと撮れないレベルっていうか」「なんていうのかな…ハリウッドじゃないんだぜ?」などと述べつつ、国際マフィアを題材にしたアクション作品や、CGを使った作品などが応募されてきたことを明かします。

あくまで親しいスタッフと運営しているYouTubeチャンネルのため、現実を汲み取ったシナリオがいいよう。「こっちからもっと要望を伝えておいたほうが良かった」としつつ、「ワンシチュエーションワンアイデア」など、新たに募集するプロットについて方向性を述べていました。

■「楽しさ2倍」「楽しみにしてます」
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル