top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

元KAT-TUNの田口淳之介、土下座が原因で露出減? 現在は新たなファン層獲得か

リアルライブ

 昨年、大みそかに行われた『第72回NHK紅白歌合戦』にKAT-TUNが登場。亀梨和也が元メンバーに向けて「何か感じてもらえるようなステージにしたい」とコメントしたこともあり、元メンバーの存在を思い出した人も多いことだろう。

 ​​>>田中聖、弟のSixTONES樹への誹謗中傷に激怒「お前の方がカスだしブス」 弟想いで称賛の中疑問の声も<<​​​​​​

 2010年にグループを脱退した赤西仁は、現在は海外を中心にアーティスト活動を展開。ライブを行うなど精力的に活躍中だ。2013年に脱退した田中聖は現在はYouTuberとして活動するほか、音楽活動も継続中。それぞれ思い思いの仕事をこなしているようだ。

 しかしあまり表に出ないメンバーが、田口淳之介だ。2016年に脱退した田口は2019年に大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことが話題になったが、以降は、これといって注目されることは少なかった。そんな田口は今、何をしているのだろうか。

 「KAT-TUNを脱退してからはユニバーサルミュージックと専属アーティスト契約を結ぶなどしましたが、2年弱で契約は終了。その後、大麻取締法違反の疑いで逮捕され、釈放されましたが、釈放後に多くの報道陣の前で見せた土下座が悪印象だと悪い方向に働いて、これまで以上に仕事が激減しました。そんな田口さんですが、現在は麻雀関連の仕事を多くしているんですよ。麻雀の腕はなかなかのようで、最近はニコ生でプロ雀士と対決する企画をし、多くのプロ雀士たちを倒しています。麻雀専用のTwitterアカウントも持っていて、アイドル時代とは打って変わって麻雀が好きな層からの支持も得ています」(芸能記者)

 一方で、得意のダンスを生かした活動も行っている。

 「知り合いが運営しているダンススクールを定期的に訪問し、子どもたちの前でダンスを披露しています。多くの子どもたちが田口さんのダンスに圧倒され、いい刺激を受けているようです」(前出・同)

 また音楽活動も継続中だ。

 「月1でライブを開催するなど、音楽活動も精力的に行っていますよ。固定のファンも多いので、月1という頻度で音楽活動ができているのだと思います。他にも舞台に出演したり、全国のクラブを回るなどしていて、今でも人気は健在です」(前出・同)

 Twitterでは「ぜひ観に来てね」などとつぶやいてライブを告知している田口。赤西や田中に比べてTwitterのフォロワー数は圧倒的に少ないが、アイドル時代ほど多くのファンに囲まれなくとも、今は自分のやりたい仕事ができているのだろう。

記事内の引用ツイートについて
田口淳之介の公式Twitterより https://twitter.com/junnosuke_tag

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル