top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

巨人・原監督「有力後継カード」に“再登板”高橋由伸氏が浮上!

週刊実話WEB

東京ドーム (C)週刊実話Web

2年ぶりのリーグ制覇、10年ぶりの日本一奪還に向けて原巨人が新たにスタートした。

【関連】ビッグボス新庄監督が仕掛ける!日ハム“スター候補3本の矢”育成作戦 ほか

昨年のシーズン終了後、新たに3年契約を結んだとされる原辰徳監督だが、次期監督には候補者が乱立。チーム内競争が激しさを増す中、原監督が「高橋由伸の再登板」へ舵を切り大混乱。そこには絶妙の仕掛けが――。

「えっ、次は我々でなく、前監督の返り咲き…。話が違う。とてもじゃないが、ついていけない」

巨人は1月中旬に今季のチーム方針を決めるスタッフミーティングを開くのが新年の恒例となっているが、子飼いのコーチ陣から原監督への不信感が強まっている。有力後継者と目される阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチ、元木大介ヘッド兼オフェンスチーフコーチ、そして桑田真澄投手チーフコーチのみならず、候補に数えられる二岡智宏二軍監督、駒田徳広三軍監督、川相昌弘ファーム総監督たちが年末に伝わった「ある情報」に浮き足立っているのだ。

「発端は、原監督が『次期監督に高橋由伸氏の再登板を決断し、読売首脳に進言した』という情報です。今季、優勝を勝ち取り、論功行賞で『次期監督のお墨付き』を期待した各コーチたちは、2月1日のキャンプインを前に肩透かしを食った格好なんです」(日本テレビ関係者)

広告の後にも続きます

さらにこの関係者によれば、原監督の任期が満了した昨秋、優勝を逃したことで読売首脳は由伸氏を再登板させる方針を決め、スケジュールの再調整に着手したという。「ポスト原」に期待された阿部二軍監督、桑田投手チーフコーチ補佐(役職は当時)が結果を残せなかったこと、さらに6年前に原巨人が野球賭博などの不祥事で行き詰まった際、現役を引退させ、強引に監督を引き継がせた〝借り〟があることから、リベンジの機会を与える狙いがあったというのだ。

まずは「日ハム監督」案も

しかし東京オリンピック終了後、由伸氏のもとには野球日本代表「侍ジャパン」監督のオファーが先着しており、巨人への受諾回答を保留。その間に今度は日本ハムの監督交代が想定外の方向に進み、〝ビッグボス〟新庄剛志監督が誕生してしまった。さらに侍ジャパンの監督には栗山英樹氏が就任し、前侍ジャパン監督の稲葉篤紀氏は日本ハムGMに転身。この混乱に巻き込まれた由伸氏は時間を浪費し、原監督続投が決まった。

「収拾策として原監督は良好な関係にある栗山、稲葉両氏と意見交換する中で、由伸氏に日本ハムで監督経験を積ませ、その後に巨人監督を禅譲する方針を打ち出した。今季の日ハムは育成に割り切っており、来季以降は由伸氏が指揮を執って、いずれ巨人に帰還する。これなら巨人、日ハム、由伸とも〝三方一両得〟となる」(スポーツ紙デスク)

日本ハムは2023年シーズンから本拠地を「北海道ボールパーク」(エスコンフィールド、北広島市)に移転する。レフトスタンドに建設する「TOWER11(タワー・イレブン)」の一部フロアには世界初の球場内天然温泉、サウナ施設や宿泊施設を完備。ゴージャスな球場イメージは慶応ボーイの由伸氏に似合う。

「600億円かけた日本ハムの一大事業。完成後の工程表は既に出来上がっています」(日本ハム本社関係者)

巨人の本社サイドも由伸氏の「日本ハム監督就任」を後押しする。編成権も合わせ持つ原監督から「DH制のあるパ・リーグ監督をしっかり経験することは、何物にもかえ難い経験」との進言を受け、これに同意。近い将来の「DH制導入」を見据えての判断だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル