top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

米ツアーで渋野日向子のスマイルが炸裂?/2022年の「核心証言」〈女子ゴルフ〉

アサ芸プラス

 日本女子ゴルフ界の隆盛は、まだまだ続く。海外メジャー女王の渋野日向子(23)が米ツアーに初参戦すれば、国内メジャー2勝の原英莉花(22)は「新ジャンボ軍団」の妹分と賞金女王争いを演じる。一方、2月の北京冬季五輪は、東京五輪のようなメダルラッシュとはいかないようで‥‥。

“ルーキー・しぶこ”が米国で注目の的だ。スポーツ紙デスクが驚く。

「昨年12月に米女子ツアーの予選会を突破。フル参戦するためにはギリギリの20位でしたが、メジャー女王の知名度は群を抜いていた。米メディアの多くが『注目のルーキー』『ニュースター誕生』と報じ、国内7勝(アマで1勝)で予選会7位だった古江彩佳(21)がかすんでしまったほど」

 今年の米国内では「大谷スマイル」と並んで「スマイリングシンデレラ」が話題を呼びそうだ。ゴルフライターもこう話す。

「世界ランク1位に輝いた宮里藍(36)や、マスターズを制した松山英樹(29)にしても、ルーキーイヤーは苦戦していました。その教訓を生かして渋野には厚いサポートがつく。特に田谷美香子マネージャーの存在が大きいですね。英語が堪能で、栄養満点の料理が作れてキャディーも務める。2人が所属する事務所の関係者が『失恋ショックからすぐに立ち直れたのも彼女のおかげ』と話していたように、精神的な支えにもなっている。日本のようにプライベートで騒がれない環境もしぶこ向きですし、メジャー2勝目に期待できます」

広告の後にも続きます

 国内に目を移せば、昨年のプロテストをトップで合格した佐久間朱莉(19)が加わる「新ジャンボ軍団」がツアーを盛り上げそう。中でも注目は新世紀世代で急成長中の西郷真央(20)だ。

 ゴルフジャーナリストの宮崎紘一氏が解説する。

「彼女は『ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー』の第1期生で、あのコワモテのジャンボが『西郷どん、いいね』なんて感じで誉めながら育てている逸材です。身長は158センチと小柄だけど、ジャンボ好みのパワフルなスイングが魅力だね」

 20─21シーズンは優勝こそなかったが、21大会でトップ10入りし、年間獲得賞金ランクは4位(約1億7900万円)。同門の先輩・原を上回った(約1億2600万円で8位)。

「ジャンボはちょっとムラのある原には厳しい物言いをするんです。昨年もマスコミの前で笹生優花(20)を引き合いに出して『原より上』なんてハッパをかけていた。でも、ツアー未勝利の西郷には『常に上位でいることがすごい』『勝つことが全てじゃないよ。ゴルフ人生は長い』と直接アドバイスを送り、ストイックなタイプの西郷を上手に導いている。今年は原と西郷が賞金女王争いを演じて、世界進出のステップにするんじゃないかな」(前出・宮崎氏)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル