top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

フリーアナ戦国時代「縄張り争い」まるわかり相関図(1)テレ朝・弘中綾香が独立すれば勢力図一変

アサ芸プラス

 かつての「エース候補」、フジテレビの美女アナが「来春退社」と報じられ波紋を呼んでいるが、それは氷山の一角。実は今年、各局から続々とフリーアナが誕生していくという。待ち受けるほうは戦々恐々で、すでに「縄張り争い」がボッ発していた‥‥。

 入社時には「局の救世主」とまで持てはやされた“クジパン”こと久慈暁子アナ(27)が、わずか5年でフジテレビから独立することになるという。

 退社の理由について、同局関係者は、

「決め手になったのは例の『ステマ騒動』です」

 と声を潜めて明かす。

広告の後にも続きます

 同局の女子アナ数名が、美容院での無料サービスと引き換えに、SNSでの宣伝に協力していたとされる一件のことだ。21年の春頃から指摘が相次いだことで、久慈アナも同年6月、自身のインスタグラムで謝罪する事態へと追い詰められた。

「局内でステマが問題視され始めても、彼女は最後まで『やましいことは何もない』『紹介されて1回行っただけ』と猛反論していた。結局、謝罪させられる際も『納得いかない』『やってられない』と不満タラタラ。ブチギレ退社ですね。退社時期についてはプライベートで親しい加藤綾子(36)に相談していた様子で、学生時代に所属していたモデル事務所への出戻りが濃厚となっています」(フジ関係者)

 心機一転、タレント展開に打って出ようというわけか。この事態が、先に待ち構える「フリーアナ戦国時代」の号砲になると言われているのだ。

 民放局関係者が言う。

「社会的にコロナの終息が期待される今年、この2年間のコロナ禍でフリー転身を控えていた反動で、女子アナ間で『史上最大の独立ラッシュ』が起こると思われます」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル