top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ハプニング 黒島結菜の大事なモノがポロリ DISH// 北村も思わず「ん?」 映画『明け方の若者たち』公開記念舞台挨拶

フィールドキャスター





今月8日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画『明け方の若者たち』の公開記念舞台挨拶が行われ、キャストで紅白出場歌手のDISH//・北村匠海さん(24)、黒島結菜さん(24)、井上祐貴さん(25)、原作者のカツセマサヒコさん(35)、監督の松本花奈さん(23)が登壇しました。



同作は、カツセさんの同名小説を実写映画化した恋愛物語。
主人公の“僕”(北村)が、学生最後の飲み会で知り合った“彼女”(黒島)と恋に落ち、心が満たされていく一方で、社会人になり思い描いていた未来とは、違う現実に混迷されていく様を描いています。



ヒロインの黒島さんは、大勢の観客を前に挨拶を述べると、「年末年始はどう過ごしていたか?」との質問が。すると「大規模な歌合戦(NHK紅白歌合戦)を見て過ごした。良かったです。ゆっくり家でゴロゴロしながらお餅をたくさん食べた。」と回答。
隣には、実際に出演していた北村さんの姿があり、照れ笑いを浮かべました。



なお、黒島さんは“彼女”のバックストーリーを描いた「ある夜、彼女は明け方を想う」にも出演。(Amazon Prime Videoにて配信中)
2作品でヒロインを演じたことについて、「原作で描いている彼女は、謎めいて何を考えているのかと思う部分があったけど、彼女視点で描いたスピンオフ作品は、彼女もちゃんと壁にぶつかって悩んだりしながらも、今を一生懸命生きようとする姿が描かれたので、(自分自身が)彼女の1番の友達になって、隣で支えてあげられたら良いなという気持ちで撮影していた。スピンオフ作品も見て頂いた方が彼女への見え方も変わり、より共感してもらえる。」と紹介しました。



また同世代のキャスト、監督と撮影できたことについては「中々ない機会なので、自主制作映画の延長の様な感じで出来たのは楽しかった。明け方の高円寺で走るシーンがあるけど、本当にこれは明け方の20〜30分くらいしかない時間で、10数カットも撮らなくてはいけなかったいだけどスタッフさんも含め、皆で一致団結して撮れた時は、青春しているな〜と感じた」と楽しそうに振り返りました。



まだ、始まったばかりの2022年。最後に新年の抱負を聞かれると、「ハッピーに!。ハッピーに楽しく1年を過ごせたら」と笑顔で締めました。



イベント後には、マスコミ向けのフォトセッション。
多くのカメラに向かって「ハイチーズ!」
黒島さんは一生懸命手を振りアピールしていましたが、この時ハプニング発生!!
黒島さんの片耳のピアスが、突如ポロリと取れてしまった‥
隣にいた北村さんも思わず「ん!?」とした表情。
だけどすぐに拾い、何事もなかったかの様に再びカメラに手を振り、事なきを得ました。



映画『明け方の若者たち』全国公開中!
配給:パルコ ©️カツセマサヒコ・幻冬舎/『明け方の若者たち』製作委員会



★舞台挨拶のノーカット動画は↓
https://www.youtube.com/watch?v=U9OS-…


TOPICS

ランキング

ジャンル