top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

巨人・桑田コーチ、物議を醸す「中4・5日ローテ」継続には勝算アリ? 成功へ向けた準備は既に進行中か

リアルライブ

 新たなシーズンに向かい吹いているのは、追い風か、それとも逆風か。

 ジャイアンツの桑田真澄投手チーフコーチが、覇権奪還に向け大ナタを振るう。特に先発投手陣は、現代の野球界において「斬新」とも取れる起用法を取り入れようとしている。

 >>巨人・桑田コーチが投手陣に不満?「プロ野球選手にならないほうが良い」 中4ローテ継続はドラ1育成にも影響か<<

 昨シーズン、夏場の戦いを終えヤクルト、阪神との三つ巴での最終盤を迎えようとしていた時期に、「先発5本柱・中4・5日ローテ」での投手起用をブチ上げたことが発端だ。まさに、優勝を勝ち取るための秘策とも捉えられたものの、9月以降、チームは勝負どころで10勝25敗8分と大失速、先発陣の白星はわずか6勝と「中4・5日ローテ」は不発に終わった。

 だが、シーズン終了後の昨年11月下旬、桑田コーチより終盤戦同様の投手起用を「継続」する意思があることが伝えらえると、ファン、メディアからは驚きの声が上がっていた。さらに、新年早々には「先発陣 中5日・5完投」といった「ノルマ」も公表している。

 日本球界では、平成初期より先発投手の中6日での登板が定着してきている他、時代を追うごとに投手の分業制が色濃くなっている。近年では「ショートスターター」や「ブルペンデー」などの起用法が取り入れられるなど、先発投手としての役割も様々な変化が見られていることも確かだ。まさに、時計の針を大きく逆回転させることで、「常勝軍団」の姿を取り戻そうとしている。

 かつて巨人の背番号18を背負い、先発・完投が大前提とされていた時代を生き抜いてきた自身の姿を、愛弟子たちに映し出そうとしているのか。すでに、来月のキャンプでの初実戦日程を例年より遅らせる構想があることや、シーズン中の先発陣に対し135球以内での完投など、投手陣再建へ向けた具体的なイメージも固めているという。

 『昭和の巨人軍』を知る元エースが本格的に指導者となり、2年目の今シーズン。桑田コーチは「投手陣は鍛える、鍛錬」とことあるごとにコメントしているように、ともすれば現代にそぐわないとも取れる指導法が今後、さらに行われる予感さえ抱いてしまう。だが、高精度を誇る投球術を武器に球界を代表する存在だった現役時の経験を、どのように活かすのか大きな注目を集めることも間違いない。

 「夢は投手王国」。力強いその言葉を現実のものとするべく、桑田真澄の新たな一年が始まった。(佐藤文孝)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル