top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

広瀬アリス、恋が始まる瞬間!? 主演ドラマ『失恋めし』場面写真解禁

Pop’n’Roll

広瀬アリス、恋が始まる瞬間!? 主演ドラマ『失恋めし』場面写真解禁

【画像はこちら】

広瀬アリス主演ドラマ『失恋めし』が、場面写真を公開した。

木丸みさきのコミックエッセイ『失恋めし』(KADOKAWA刊)を原案とする同作は、主人公のイラストレーター・キミマルミキを演じる広瀬アリスをはじめ、近所の花屋の青年役・井之脇海、ミキのマンガを連載する出版社の編集者役・村杉蝉之介、臼田あさ美、安藤ニコ、近所のお弁当屋役・若林拓也がレギュラーキャストとして出演。また、各話ゲストとして門脇麦、前野朋哉、小西桜子、三浦透子、大友花恋、紺野ぶるま、深川麻衣、林遣都が顔を揃える。監督は、『勝手にふるえてろ』(2017)『私をくいとめて』(2020)などの話題の映画を手掛ける大九明子が務める。

今回解禁されたのは、広瀬アリス演じるイラストレーター・キミマルミキをとりまくレギュラーキャスト陣が演じるキャラクターの写真。

井之脇海が演じる“ミキがほんのり恋心を抱く花屋の⻘年”がミキに花を選んでいるカットは、所在なさげな表情のミキと花屋の⻘年が言葉をかわす最初のシーン。“大九監督の作品が好きでずっと観ていた”と、今回念願の大九組初参加の井之脇海が演じる“花屋の青年”に注目だ。

村杉蝉之介、臼田あさ美、安藤ニコ演じるミキが連載する地元紙の出版社・STOの面々も登場。2号さん(臼田あさ美)とミキが焼き鳥屋で仕事終わりの一杯を楽しむ姿、ミキとビストロにやってきた3号さん(安藤ニコ)が白ワイン片手にいい飲みっぷりを見せるシーンは、本作ならではの場面となっている。大九監督は当初STO企画の3人のキャラクターについて性別を悩んでいたが、“大九組常連”の臼田が2号を演じることが早くに決まると、監督が“前からがっつりご一緒したいと思っていた”という村杉が1号、そして“本人に会うや否や(3号の)イメージが決まった”と監督が話す安藤が3号に決定したという。

なお、同作は、すべて実在する飲食店で撮影を行なっており、各話にその店舗の人気メニューが登場する。

【ストーリー】
恋の始まり⽅は……いろいろ。恋の終わり⽅も……いろいろ。でも、どんな終わり⽅をしても、お腹は空く。1つの恋が終わった時、元気をくれたのは、あの味だった—。

イラストレーターのミキ(広瀬アリス)は、フリーペーパーで“失恋めし”というエッセイ漫画を連載中。失恋の想い出と、それにまつわる“めし”の話を集めて描いているのだが、最近はネタ切れ気味で困っていた。ネタになる失恋がどこかに転がっていないかと悩むミキは、ある日縁結びの御利益がある神社で“いい失恋に巡り合えますように”と手を合わせる。すると、思い詰めた表情の女性を見かけ、あとをついて定食屋に入り、女性の失恋エピソードを聞くことに。これを機にミキは街中で失恋した人々と彼らの想い出の味に巡り合うことに――。

『失恋めし』(全10話)
配信開始日:2022年1月14日 Amazonプライム・ビデオにて一挙独占配信
放送開始日:読売テレビ2022年7月放送予定
出演:広瀬アリス 井之脇海 村杉蝉之介 臼田あさ美 安藤ニコ 若林拓也
原案:木丸みさき『失恋めし』(KADOKAWA刊)
脚本:今井雅子
監督:大九明子
音楽:髙野正樹
主題歌:Homecomings「アルペジオ」(ポニーキャニオン/IRORI Records)

チーフプロデューサー:前西和成
企画・プロデュース:田中雅博
プロデューサー:伊藤太一(AOI Pro.)長汐祐人(AOI Pro.)
共同プロデューサー:熊谷喜一(ヘッドクォーター)

制作協力:ヘッドクォーター
制作プロダクション:AOI Pro.
制作著作:読売テレビ

広告の後にも続きます

関連リンク

『失恋めし』公式サイト

『失恋めし』公式Twitter

『失恋めし』公式Instagram

©木丸みさき・KADOKAWA/ytv

TOPICS

ジャンル