top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「なんで、こんな男と結婚したの?」妻の驚愕の答え

幻冬舎ゴールドライフオンライン

本記事は、今村五月氏の書籍『フィレンツェの指輪』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、編集したものです。

『八汐の海』

十一月には室町の養母の誕生会に復帰した。長い空白がある。養父と連れの重信は宗近の父に似てきた。宗近の父も故人である。八十五で亡くなって、葬儀場で本宅の親族と離れた席で二人、養父と重信さんといっしょになった。もう室町の養母はいなかった、会うのはそれ以来。

バスクのどこかの小さいロマネスクの教会の祭壇画を写メールで送ってきて葵に似ている、あの人は僕らの守護聖人だった、と。いつも僕ら。母とではない僕ら。一人称複数への嫌悪はほとんど敵意に近づいていたが、守護聖人、で救われた。そしてその人の地上の喜びであった君を僕らは愛さずにいられない、と。

草色のワンピースに砂色のコート、取り敢えず外出着。外苑通りのフレンチレストランだった。蟠りがあったのは淳だけだから、仕事の経験を重ね鷹原兄弟を知った今では二人への嫌悪は独り善がりだったと反省される。昔変わらぬ偉丈夫の二人に代わる代わる抱き締められると目頭が熱くなる。彼らの父性愛は特別なのだ。

落葉し始めた銀杏並木が街を一種宗教的な祝祭色に彩っている。

広告の後にも続きます

「ミダス王が触れた街」

「葵さんが言ったんだよな」

葵は聖公会の執事の孫娘だった。母を語るならその出自を言わざるを得ない。

室町と重信は高校のボート部で出会ってからずっといっしょである。室町が商社に、重信がボート部のある会社に就職して生活の地盤ができたから男二人の人生に脅威はないはずだった。

罠にかかるのはこちらの落ち度なのだろうか。つれなくされた(室町の性格を考えればほとんど言いがかりである) 従姉妹だか再従姉妹だかその親だかから腹いせに男色の嫌疑をかけられて室町が窮地に立った。事実、二人は初めからホモセクシャルな仲だった。気が付いたのは何時だったかと問われれば、艇庫からボートを出した時、と口を揃えて言うだろう。けれども外に漏れたはずは絶対になかったのだ。わが身の護り方を心得なければ連れの身を危険に曝す。

「事実を否定するのも癪だしなあ」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル