top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日ハム・新庄剛志監督と「孤高の三冠王」が電撃合体する/2022年の「核心証言」〈プロ野球〉(1)

アサ芸プラス

 年が明けても球界の話題は日本ハム・新庄剛志監督(49)が独占。タレント活動と監督の二足の草鞋で大忙しのBIGBOSSに、頼もしい援軍が急浮上した。一方、完全にオフの主役を奪われた巨人・原辰徳監督(63)には、独裁体制を揺るがす謀反の気配が漂っている。

 年末年始も賑々しくメディアへの出演が続く新庄監督には、前途多難なシーズンが待ち受けている。野球評論家の伊原春樹氏が同情の意を込めて語る。

「ノンテンダーで大田泰示(31)と西川遥輝(29)が流出したのは非常に痛い。球団の方針とはいえ、主力の移籍に新庄も頭を抱えたんじゃないでしょうか。私も西武で2回目の監督就任時に主力選手の流出で苦労しました。球団に慰留をお願いして『わかりました!』と元気のいい返事を貰っていたにもかかわらず、涌井秀章(35)、片岡治大(38)、助っ人のサファテ(40)、ヘルマン(43)が他球団に散り散り移籍。イチから構想を練り直すハメになりましたからね」

 さながら焦土と化した日本ハムの救世主として、にわかにコーチ就任の声が聞こえるのが「平成唯一の三冠王」こと松中信彦(48)である。スポーツ紙デスクが解説する。

「昨年は春季キャンプからロッテの臨時打撃コーチに就任。安田尚憲(22)や山口航輝(21)ら若き大砲を指導しましたが大成せず。そのままシーズン終了をもって、コーチ契約を打ち切られました。懇意の九州メディア関係者の伝手で他球団への就職活動を続けていますが、選手時代の素行が尾を引くなど、どこの球団もオファーを出しません」

広告の後にも続きます

 そんな孤高の三冠王を現役時代から買っていたのが新庄監督だった。

「かねてから『打撃センスがピカイチで、守っていて打球の方向がわからない』とべた褒めしていました。今季は未完の大器・清宮幸太郎(22)を4番に育成するのが至上命令。どうにか“三冠王メソッド”で飛躍させたい思惑が新庄にもあるでしょう。あとはフロントがGOサインを出すかどうか」(スポーツ紙デスク)

 九州出身のスター共演で3年連続Bクラスのチームを救えるか!?

 次世代への禅譲どころか、今季からの3年契約で長期政権継続中なのは原監督。同様に今年で主将8年目を迎えるのが、生え抜き最年長の坂本勇人(33)だ。

「昨年までは、原監督の指名で半ばイヤイヤやらされている節があった。ところが一転して、今回は自ら進んで主将を引き受けた。この心境の変化はイエスマンのコーチ陣はもちろん、球団オーナーでさえ鈴を付けられない原監督の暴走を牽制するためと言われています」(スポーツ紙デスク)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル