top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「M-1」審査員「オール巨人枠」に“当確説”が流れる「あの芸人」!

アサ芸プラス

 12月19日に決勝戦が行われた「M-1グランプリ2021」。ファーストステージではオズワルドが665点を獲得し、松本人志も「直すところないんちゃう?」と大絶賛。2位に10点差を付け圧倒的に有利と見られていたものの、ファイナルステージでは錦鯉が5票を獲得し大逆転で王者に輝いた。

 そんなM-1を巡り話題となっているのが「次の審査員」だ。

 お笑い関係者が語る。

「大会後、上沼恵美子とオール巨人が『審査員卒業』を表明したことで、両者の代わりに誰を新たな審査員として起用するのか大きな注目が集まっています」

「ポスト上沼」には2人の名前が挙がっている。

広告の後にも続きます

「有力視されているのがハイヒール・リンゴと海原やすよ。いずれも女性かつ漫才の実績が存分にある。おそらくどちらかになるでしょうね」(前出・お笑い関係者)

 一方の「ポスト巨人」について同関係者は「ある芸人に“当確説”が流れているんです」と同関係者は語る。その芸人とは─。

「2010年のM-1王者でもある笑い飯の哲夫です。『笑い飯に影響されてM-1を目指すようになった』という若手芸人も多く、いまや『M-1の象徴的存在』。哲夫は女芸人ナンバーワン決定戦『THE W』での審査にも公平感がある。今の段階から当確と見なされるのも納得できます」(前出・お笑い関係者)

 いったい今年のM-1審査員がどうなるのか。その行方を注視していきたい。

(山倉卓)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル