top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

満月の夜、何かが変わる。月をモチーフにした3つの作品。

BOOKウォッチ

残月記(双葉社)<amazonで購入>

 2009年に『増大派に告ぐ』で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、受賞後第一作の『本にだって雄と雌があります』という怪作を2012年に発表後、沈黙していた小田雅久仁さんの待望の第三作が出た。本書『残月記』(双葉社)である。前作の奇想天外ぶりにぶっ飛んでしまったが、9年ぶりの本書も期待を裏切らない作品から成る。


 「そして月がふりかえる」「月景石」「残月記」という3つの中編が収められている。表題作の「残月記」については後で紹介することにして、もう1編の「そして月がふりかえる」にまず触れたい。もっとも幻想的な作品だ。

 大学教授の大槻高志は7年前に長男が生まれてから、家族そろっての外食を絶やさないようにしていた。その習慣を守るべく、妻の詩織と2人の子どもを連れて外出したある晩、ファミリーレストランでトイレに立ち、小窓から月を見上げた。ぎらぎらとした月だった。トイレですれちがった男は、妙に自分に似ていたが、どこか不快に感じた。

 席に戻ると、まるで時間が止まったようだった。妻に声をかけても反応がない。家族3人の視線の先に月があった。月は回転しているように見えた。「かつて見せたことのない裏側の月世界をさらして、ぴたりと停止した」。

 思わず目をそらすと、現実が騒がしく鳴り響いた。席に着くと、詩織が「その席、うちの主人が座ってるんですけど……」と言う。自分はいったい誰だというのだ。さっきの男が戻ってきた。「体格も自分とほとんど違わないが、服装も髪型も、そして眼鏡までもがまったく似たりよったりだ。それでいて、すべてが少しずつ違う。その少しずつが積み重なり、二人は明らかに別人なのだ」。

広告の後にも続きます

 パラレルワールドものの作品は珍しくないが、見上げた満月が契機に入れ替わるというのが不気味だ。別の世界にも大槻の居場所はあり、身に覚えのない女と所帯を持ち、自分はタクシー運転手をしているらしい。大槻は自分の家に忍び込み、詩織と対峙するが……。

 さらに秀逸なオチがあり、ぞっとする。「あちら」の世界が確かに存在するのだとわかる。本作のざらりとした感触と恐怖は、怖い夢を見て、いつまでも忘れられない違和感に似ている。

近未来のディストピア小説

 表題作「残月記」は、近未来を舞台にしたディストピア小説だ。2048年、27歳の主人公、宇野冬芽(とうが)が、大阪市の一時保護施設にいるところから始まる。月昂という感染症がまだあった頃の話だ。月昂を発症すると、インフルエンザに似た症状が出る。激しい初期症状で10人に1人が命を落とす。冬芽は母親を月昂で亡くし、自分もまたつい先日発症したのだった。

 当時の日本は国民党という独裁政党が支配していた。月昂者による暴動や事件が発生したため、感染者を強制隔離する法改正が行われた。月昂者は療養所に収容された。冬芽は剣道経験者だったため、剣闘士になることを勧められ、引き受けた。

 闘士となって戦いつづければ、死亡率が低下する薬が投与される。試合に勝てば、ひと晩、女があてがわれ、30戦こなせば、引退が許されるということだった。

 月昂者は満月の夜、身体能力・生命力が異様なまでに高まる。月昂者に武器を与え、殺し合いを演じさせるという悪趣味な試合を思いついたのは、独裁者として悪名高い首相の下条玄だった。ナチスを連想させる取り巻きらも登場する。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル