top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

篠原涼子&長谷川京子「W一糸まとわぬ姿」撮影済み/2022年の「核心証言」〈芸能〉(1)

アサ芸プラス

 写真集が60万部突破の勢いで、一気に女優街道をひた走った田中みな実(35)と、年末に謎の死を遂げた神田沙也加(享年35)は、くしくも同い年だった。22年も同世代女優が芸能界の話題を牽引しそうな雲行きだ。

 昨年来からアサ芸が先行報道している篠原涼子(48)と長谷川京子(43)が主演する「ネットフリックス」ドラマ「金魚妻」でのWバストトップ出しの一糸まとわぬ共艶がいよいよ解禁となる。

「篠原は年下男性と不倫する人妻役を演じますが、現実にも昨年、年下韓流アイドルと不倫疑惑が報じられていて、私生活とリンクしていることが話題に。長谷川も夫の不倫報道で昨年10月に離婚したばかりの元人妻。原作コミックでは各巻に激しいセックス描写があるので、地上波と違い規制の緩いネット配信では、2人の乳首ヌードが撮影済みなのは間違いない。あとはカットされていないことを祈るのみ」(映像関係者)

 芸人のユリオカ超特Qも鼻息を荒くこう語る。

「男性は『人妻ヌード』という言葉が好きですが、『元人妻』も我々の元へ帰ってきてくれたぞ、と希望を持たせてくれますよね。女性は40代頃からさらに性欲が高まるとも聞きますし、長谷川さんや篠原さんほど綺麗な方のヌードを待ち望んでいる男性がたくさん存在することを知ってほしいです」

広告の後にも続きます

 ぜひとも公開プリーズ!

 一方、昨年12月18日に突如、神田は札幌市内ホテルの14階から転落死したが、自殺説も飛び交う中、母親、松田聖子(59)は娘の訃報を知る由もなく都内ホテルでディナーショーの真っ最中だった。娘の死を聞きつけると、都内で行う予定だった1公演と大阪での4公演を即中止にして札幌へ駆けつけたが、

「昨年はコロナ禍の影響で東京での4公演しか開催できなかったこともあり、今年は全8公演。東京で1134人、大阪で1370人が入る会場で、それぞれ5万500円、5万5000円と高額にもかかわらず、チケットは完売していました。損失は5日間で約3億4000万円にも上ります」(芸能プロ関係者)

 20年にデビュー40周年を迎えてからようやく、コロナが収まりかけた稼ぎ時でのタイミングだっただけに聖子のダメージは計り知れない。だが、その「後遺症」を打ち消すようなプランも浮上している。レコード会社関係者が語る。

「実は生前から沙也加さんが録音していたデモ音源に聖子さんの歌をかぶせてデュエットするという構想があったんです。ところが聖子さんの事務所移籍問題などで親子関係がギクシャクしてしまい、計画が頓挫。音源もお蔵入りした。しかし、今回の『事件』で、2人のデュエットを聴きたいという待望論が出ることは必至。沙也加さんも『アナと雪の女王』で知名度が上がっていただけに、早い時期のリリースが期待されていますね」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル