top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

樋口真嗣が語る“昔からめちゃくちゃ謎”な特撮技術とは?『サンダーバード55/GOGO』日本語劇場版 完全オリジナルシーンのこだわりも明かす

ガジェット通信

日本放送開始55周年を祝して発足された「サンダーバード55周年プロジェクト」の目玉企画として、奇跡の完全新作として帰ってくる日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』(本日より劇場上映、2022年1月8日よりオンライン上映)の構成担当を務めた映画監督の樋口真嗣さんのインタビューをお届けします。

1965年にイギリスで放送開始された国際救助隊の活躍を描くマリオネット・エンターテインメント「サンダーバード」は、独自の撮影技法を確立した特撮人形劇の最高傑作として名高いシリーズであり、その後多くの作品に影響を与え半世紀たった今も世代を超えて愛され続けています。

本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングによってオリジナルの撮影手法を完全再現し制作された3話のエピソードを樋口さんが日本公開用にオープニングやエピソード間に日本独自の演出を追加し、日本だけの1本の映画として構成した特別版の完全新作エピソード、日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』。当時音声ドラマとして書かれた脚本をもとに、はじめて映像化されたものをオリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影され、完全新作としてよみがえります。

樋口真嗣さんに、この奇跡的な完全新作の魅力、そして樋口さんも長年疑問に感じている「サンダーバード」の特撮技術、さらに日本語劇場版ならではのオリジナルシーンについてまで、たっぷりとお話を伺いました!

「日本人やイギリス人とか島国っぽさがある」

――まず、樋口さんのサンダーバードへの想いや思い出をお聞かせください。

広告の後にも続きます

樋口:65年に誕生している作品なんですけど、日本では66年にNHKで最初の放送が始まって、私が観ているのはそのあとの再放送くらいからだと思います。その頃にプラモデルが大々的に売っていて。安くて小さいやつで、しかも箱とかにも入っていない、駄菓子屋でスーパーボールみたいな感じで壁にボール紙でぶら下がって売っているタイプで、それを買って興奮していましたね。

他の作品が人間型のヒーローや怪獣だったりといったキャラクターの中で、「サンダーバード」は乗り物がちょっとキャラクターになっている。それまで、車だったり、電車やバス、そういったものはブリキのおもちゃで売っていましたけど、やっぱり車とかって実在するものの延長上だったりする中、「サンダーバード」は見たことがない乗り物で、しかもそれが大活躍する話ですごくドキドキしながら観ていました。


動画:『サンダーバード』3分でわかる<メカ解説篇>
https://youtu.be/4CvNUXauDhQ

――乗り物はやはり少年心をくすぐるものですが、オリジナリティー溢れるものってありそうで意外となかったということですよね。

樋口:そうなんですよね。例えば現実に考えてもそうだし、他の作品とかで出てくるものって結局、工業製品なのでいっぱいあるものになるんです。バスとかも同じ形のものがいっぱい走ってる。そういうのではなくて、すごく特別な感じがするのが「サンダーバード」の乗り物でした。

「サンダーバード」は、イギリスで作られたドラマなんですが、実は当時イギリスのプロダクションがアメリカ向けに作っているんですよ。アメリカの3大ネットワークのどこかに売り込むために作っていて、こう見えて舞台はアメリカなんですよね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル