top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

56歳男、警察官駐在所からエアコンのリモコンなどを盗む 防犯カメラの映像から発覚

リアルライブ

 三重県多気郡大台町の警察官駐在所からエアコンのリモコンなどを盗んだとして、近所に住む56歳無職の男が窃盗の疑いで逮捕された。

 ​>>82歳無職男、商店街で「良い人」を装い窃盗を重ねる「自分より弱そうな人を狙った」と話す<<​​​

 事件が発覚したのは5日未明。駐在所を訪れた警察官が引き出しを確認したところ、中に入っていたものがなくなっていることに気がつく。その後、防犯カメラを確認し、盗まれたことが発覚したのだ。

 映像を分析した結果、4日午後10時15分から午後11時15分の間にエアコンのリモコン、定規、ボールペンを盗まれていたことが判明する。その後の捜査で、盗んだ人物は同町に住む56歳無職の男と特定し、窃盗の疑いで逮捕した。事件当時、駐在所は無人で、施錠もされていなかったとのこと。警察の取り調べに対し、男は容疑を認めている。なぜエアコンを盗んだのかなど、詳しい動機は現在のところわかっていない。

 56歳の男が駐在所に侵入し、エアコンのリモコンや定規などを盗むという不可解な事件に、「何をしようとしていたんだろう。何かのメッセージなのかもしれない」「たまたま家からエアコンのリモコン、定規、ボールペンがなくなって駐在所に借りに行ったのかも?」「何か食べ物を物色しに来たのかも。やっていることは猿や熊と変わらないね」「めちゃくちゃ寒いし、エアコンのリモコンないのは困る。嫌がらせだったのではないか」とさまざまな憶測が飛び交う。

 一方で、「駐在所、ちょっと不用心すぎないか。警察業務に必要な資料や道具なども入っているはずなのに」「拳銃や捜査資料などが盗まれたらどうするのか。もう少し管理体制を見直すべきだ」という指摘も出ていた。

TOPICS

ジャンル