top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

乃木坂46、“新・華の2001年組世代”8名が乃木神社にて成人式開催「これからの20代が本当に楽しみで、いい大人になりたい」

Pop’n’Roll

乃木坂46、“新・華の2001年組世代”8名が乃木神社にて成人式開催「これからの20代が本当に楽しみで、いい大人になりたい」

【画像はこちら】

乃木坂46が、本日1月7日(金)に乃木神社にて成人式を開催した。

今年メジャーデビュー10周年を迎え、5月にはグループ最大規模となる日産スタジアムのコンサートも決定している乃木坂46。

今年度、成人を迎えたのは、3期生の久保史緒里、阪口珠美、中村麗乃、4期生の遠藤さくら、賀喜遥香、金川紗耶、北川悠理、佐藤璃果。8名は、艶やかな晴れ着姿を披露した。

記者からの“2022年度 新成人を迎えたメンバーを◯◯世代と銘打つなら?”という質問に対して、久保史緒里は“みなさん、すでに乃木坂46を卒業されていますが、1994年生まれの先輩方が7名で成人式を行ない、「華の94年組」と命名されていましたが、私たちの世代は過去最大となる8名での成人式ということもあり、大変おこがましいんですが、先輩方の名をお借りして、「新・華の2001年組世代」こちらでお願いできればと思います!”と力強くコメント。

なお、乃木坂46のメンバーが、乃木神社で初めて成人式を行なったのは2013年。今回で10回目の開催となった。

乃木坂46 成人式(2022年1月7日)より

新成人を迎えた感想

久保史緒里:
中学3年生の時にグループに加入して、もう20歳になったんだなという実感と乃木坂46の10周年と、このグループの成人式がちょうど10回目というタイミングに、自分たちが成人式を迎えることができたことを本当に嬉しく思います。

遠藤さくら:
早く大人になりたいと思っていたので、20歳になったことを本当に嬉しく思っていますし、こうして8名で成人式を迎えることができたことを本当に嬉しく思っています。

賀喜遥香:
自分自身、何が大人になったのか、よくわからないところもありますが、20歳になったことでお酒を飲めるようにもなり、これからの20代が本当に楽しみで、いい大人になりたいと思います。

阪口珠美:
20歳という年齢に憧れを持っていましたし、乃木坂46の成人式も憧れではあったので、そこに自分も参加できたことを本当に嬉しく思います。

佐藤璃果:
20歳を迎えても実感が湧いていなかったんですが、グループの成人式を迎えようやく実感が湧いてきました。大人としても、乃木坂46の一員としても、頑張っていきたいと思います。

金川紗耶:
仲のいい妹の面倒を見るのがとても好きなので、妹にお年玉とかをあげて、1人の大人として接していければと思っています。

中村麗乃:
10代で過ごした時間が本当に楽しくて、20歳を迎えたくないなという気持ちもありましたが、実際20歳になってみて、逆にこれからの時間が楽しみだと今は感じています。

北川悠理:
実感が本当に湧いていなかったんですが、本日の成人式でようやく実感が湧いてきましたし、先輩や同期のメンバー8名でこの日を迎えられたことを奇跡の1日だと感じています。

広告の後にも続きます

■最新リリース
・グループ結成10周年を記念した初のベストアルバム『Time flies』が発売中。
・2022年1月26日(水)には、自身のレギュラー番組『乃木坂工事中』Blu-ray 4タイトルが発売。

TOPICS

ジャンル