top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

眞子さまご結婚、「よかった」が意外に多い理由

BOOKウォッチ

なぜ眞子さまのご結婚はバッシングされたのか(秀和システム)<amazonで購入>

 新年になっても「眞子さま、小室さん」に対する女性週刊誌の報道が続いている。本書『なぜ眞子さまのご結婚はバッシングされたのか 皇室女子と「個人の意思」』は、著名な精神科医の香山リカさんが、この問題について様々な角度から分析したものだ。

 基本的には専門分野を踏まえたアプローチとなっているが、社会評論家、皇室ウォッチャー、あるいは一人の女性としての視点もあり、説得力に富んだ内容となっている。


バッシング報道が続いた

 本書の帯には、「結婚に『国民の納得』が条件になる皇室女性という悲劇」「『駆け落ち婚』の衝撃」というキャッチコピーが付いている。

 日本国憲法によれば、結婚は「両性の合意のみに基いて成立」することになっている。すべての国民は、「社会的身分又は門地」によって差別されない、とも。ところが、「皇室」が絡むと話がややこしくなる。「眞子さま、小室さん問題」もその一つだ。

 この数年来、週刊誌やテレビの情報番組は二人の結婚についてセンセーショナルな報道を繰り返し、2021年はピークに達した。

広告の後にも続きます

 本書は「これほどまでにこの二人の結婚に注目が集まったのはなぜなのか」という問題意識から、以下の章立てで、分析を試みている。

プロローグ ―― 複雑性PTSDの衝撃
第1章 〝お父さんっ子〟で「母の作品」としての眞子さま
第2章 眞子さまのご結婚はなぜバッシングされるのか
第3章 皇室女性という悲劇
第4章 バッシングしている人たちが知らない日本社会という病根
エピローグ ―― 私たちに問い返される「個人の意思」

結婚発表に精神科医が同席

 宮内庁は2021年10月1日、眞子さまが小室さんと26日に結婚すると発表するとともに、眞子さまが複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態になっていることを明らかにした。

 めでたい話と、精神的にダメージを受けているという話が、同時に発表されたことで、国民には驚きが走った。中には、宮内庁が事態の鎮静化のため、ちょっとオーバーに「複雑性PTSD」などという聞きなれない病名を持ち出したのではないか、と思った人もいたかもしれない。

 本書によれば、「複雑性PTSD」は、2020年に初めて世界保健機関(WHO)が作成した疾病分類に登場した新しい概念だという。記者会見で、症状の説明をした精神科医の秋山剛医師は、香山さんも講演を聴いたり論文から多くを学んだりしている尊敬している精神科医の一人だそうだ。つまり、最新の学術的な知見に基づいた発表だったということがわかる。このあたりは専門家ならではの解説だ。

 しかも眞子さまは、中学生のころから「誹謗中傷」と感じられる情報を目にしており、それが精神的負担になっていたという。つまり今回の「バッシング」の前から、「心的外傷」の積み重なりがあったかもしれないと、香山さんは指摘する。

皇室女性に心身変調が続く

 このことは本書のもう一つのテーマである、「皇室女性のストレス」問題ともつながっていく。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル