top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「新型コロナウイルス」を手話でどう表す?

BOOKウォッチ

動画つき 気持ちが伝わるはじめての手話(主婦の友社)<amazonで購入>

東京オリンピックの開会式・閉会式で、「手話の人」が注目されたのは記憶に新しい。豊かな表情と大きな身振り手振りが話題となった。ちょっとやってみたくなった人も多いのでは……?


そんな方におススメの入門書が『動画つき 気持ちが伝わるはじめての手話』(主婦の友社)だ。初心者が学びやすい工夫がいっぱいで、1つずつステップアップできる。新型コロナウイルスに関連するワードも多く掲載されていて、「新しい生活様式」にも対応しているのが特長だ。

手の動きの意味や語源を知ると覚えられる

手話の動きには意味や語源があるものが多い。

例えば「良い」という手話。(※写真は鏡合わせにマネできる「ミラー撮影」で左右反転)。鼻の前で握った手を前に出す動きをする。


これは、「鼻高々」という言葉を踏まえ、「良いことがあって鼻が高い様子」から作られたという説がある。

広告の後にも続きます

また、「悪い」の手話では、鼻の前に立てた指を横に倒す。


これは、「(鼻高々だったのが)ぽきっと折れた様子」で、「良い」から一転して「悪い」なのだとか。セットで覚えられそうだ。

ワクチン接種、ウィズコロナ、アフターコロナも手話で

「新しい生活様式」の用語も豊富に掲載されている。「新型コロナウイルス」の手話は以下の通り。


「新しい」⇒つぼめた指先を開きながら前に出す。新芽が開く様子といわれる。

「コロナ」⇒片手を握り、その後ろで反対の手の指を伸ばして半回転。太陽の「コロナ」の炎を表現。

「ウイルス」⇒筒状にした片手の下で、反対の手の2本の指をぐるっと回す。これは顕微鏡をのぞいている様子で、下の手はうごめくウイルスを表す。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル