top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

橋下徹「被害者を泣かしているのはあんたの意見だ!」辛坊治郎と口論スレスレの大激論

Quick Timez

画像:時事

メディアにおける被害者の実名報道の必要性を議論し合った1日の「NewsBAR橋下SP これでいいのか?メディア報道の未来」(AbemaTV)。

するとその結論を巡って橋下徹指と辛坊治郎さんが声を荒げて激論を交わす事態に。

辛坊治郎、被害者の実名報道を必要と訴え「普通あり得ないですよ」

1日、メディアにおける被害者の実名報道の必要性を議論し合った「NewsBAR橋下SP これでいいのか?メディア報道の未来」(AbemaTV)。

その放送の中で、辛坊治郎さんが被害者の実名報道を強く訴えるシーンがありました。

広告の後にも続きます

この日、実名報道に対し「被害者に関しては被害者の同意が必要」、「『ご遺族の判断じゃないの?』って。事件のリアリティーというのがよくわからない」と橋下氏は疑問視。

しかし一方で、辛坊さんは「メディア側がどう思ってるかは知りませんけど、みなさんの気持ちはわかります。まあ古舘さん、橋下さんの言うこともわかります。その議論が俗事に入りやすい、一般の人の売りだということもわかります」と前置きすると「だけど被害者、加害者の名前がない報道は単なる噂話で報道ではありません」と指摘。

「報道というのは情報の受け手がメディアが嘘を言っているか本当を言っているか疑問に思った時、検証できる情報でなければ」とした上で「それは情報、報道ではない」とコメントしました。

また、実名ではない報道は「世界的にはほとんど通用しません」と例を挙げた辛坊さん。

「モザイクかけている男、NHKもやりますけど普通あり得ないですよ。これやったらどんな嘘でもつけますからね」と匿名で放送するデメリットを力説しました。

「被害者を泣かしているのはあんたの意見だ!」橋下徹VS辛坊治郎勃発

実名報道の必要性を訴えた辛坊治郎さん。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル